映画

僕だけがいない街

この映画がNetflixにアップになったとき、 見ようと思っていたのに忘れてしまい、やっとみました。 マンガもアニメも未見です。 このお話は、 藤沼悟(藤原竜也)がタイムスリップするのですが、誰かを守ったり、救ったりするまで、彼の時間はループします。…

超能力者・モンスターズ

「超能力者」は韓国映画。そのリメイク版「モンスターズ」は日本映画。 SF、超能力者モノというよりは 、ホラーのジャンルかな。 藤原竜也と山田孝之 お話は、 人を支配する超能力を持った男と、その能力がまったく効かない男が、命がけの対決をするというも…

ケスとハンナアーレント

とってもとっても好きな映画。ケン・ローチ監督作品の中で一番! わたしはランチの時にブログを読むことを楽しみにしています。 超有名な「ミセスGのブログ」「Gちゃんねる」を読んで触発されたりします。 で、昨日と同じ、触発されて書く前置きです。 若い…

スノーホワイト氷の王国

うぅん、この映画のジャンル分けは難しい…。 「男性の手が好き」 と言う女性って多いです。 (わたしが思うに)、それはとても性的な意味を持っています。 身体が覚えている、皮膚が覚えている、あなたの手を…。です。 男性の手を見てドキンとしたあなたの脳…

ナイスガイズ

ライアン・ゴズリング出演のコメディアクション映画。 時々「ブラック・ミラー」を見ているんですが、これはブラックユーモアで、わたしには…毒を食らうようなもんです。 わたしは…ブラックユーモアが分からないんですねえ。ユーモアとブラックユーモアの境…

「僕を葬る」「婚約者の友人」オゾン作品って…。

フランソワ・オゾン監督について全く何も知りませんでした。 「婚約者の友人」⬆️ ふかづめさんのここを読むまでは。(「シネマ一刀両断」はアカデミックな知性とめちゃおもしろおかしく書かれた映画専門ブログです。いろんなことに目が開かれます。) でも、…

SAINT LAURENT/サンローラン

夜中、庭でタバコを吸っていた。夏の夜空は珍しく晴れていて、綺麗な星々がよく見える。 さて、 ギャスパー・ウリエル主演のファッション界に君臨したイヴ・サンローランの映画を見たよ。 サンローランの最盛期を描いてる。 ジャックがサンローランを乱行パ…

好きになれなかった映画

映画、5本。 「レッドスパロー」 ジェニファーは栗色のヘアースタイルがバレリーナぽくて綺麗でした。 うーん、ラスト、ジェニファーは自分が正しいと思う選択をしたんだろうなあと思いました…。 「ララランド」 楽しめませんでした。たぶん、これはわたし自…

スリー・ビルボード

ミルドレッドとディクソン巡査の「再生」の物語かなあ。 ネタバレ注意 娘を殺されたミルドレッドが3枚の立看板をたてる。そこから始まるお話。 ビル・ウィロビー署長は、(部下や奥さんのことなど、言葉の端々から洞察力がある人だなと感じさせる)、ミルド…

パディントン

とっても上質なファミリー向けコメディ映画。 役者はイイし、美術も好きだし、VFXも「スチュアート・リトル」の頃に比べると格段に進歩してるし、笑いのセンスも好きです。 「ダウントン・アビー」の伯爵がお父さん役なんですが、彼が可笑しい!(ほぼ、目だ…

わたしはロランス

この映画は…メロドラマかな?10年に及ぶ、恋愛劇でした。 グザヴィエ監督は「僕にオリジナリティなんてないよ。1930年から、映画はもうありとあらゆることをやってきて出尽くしているんだ」というような意味のことをおっしゃっていました。 が、いやあ、彼の…

「モテキ」…バカエイガ

「モテキ」という映画を見た。 長澤まさみが最高に可愛いし、ユキヨ(森山未來)はブツブツとモテないことを独白していて不器用だし、ユーモラスで最初のうちは楽しめたんだけど、ユキヨがルミコさんと関係する前後くらいから、決定的にユキヨが嫌いになって…

インビクタス/負けざる者たち

高校生の時だった。 「魚心あれば水心あり」と書いてある手紙をもらったことがある。 わたしはものすごくびっくりした! こっそり…見てたのに、わたしが君を好きだってことがどーしてバレるの?! おまけに同じようなことがもう一回あったんだ。その時は失恋…

ヒアアフター

なにしろ 「ミリオンダラー・ベイビー」がトラウマで…。イーストウッド作品はぁ。 久しぶりにクリント・イーストウッド監督作品を見ようと思って「15時17分、パリ行き」かこの「ヒアアフター」か迷って、そらね、ステキなマット・デイモンが出てる方でし…

たかが世界の終わり

グザヴィエ作品としては、嫌いだ、というのが始めの感想。 ネタバレ注意 わたしは大声で怒鳴る男性がだめ。もうピューと逃げる。もうそこに居ない、わたし。 けれど時間が経ってきて、まあ、余裕が出てきて、結局、感想文を書くことにする。 お話は、家を出…

胸騒ぎの恋人

エスプリの効いたフランス風コメディ、かな? ネタバレ注意 この映画、とっても可笑しい。 お話は、フランシス(グザヴィエ・ドラン)とマリー(モニカ・ショクリ)という姉弟のような親友同士が、ニコラという中性的な男性と出会い、恋の鞘当てを演じるとい…

「マイ・マザー 」「マミー」

「マイ・マザー」はグザヴィエ監督が19才の時の初監督作品。 16才のときの原稿をもとにしているらしい。 母親と友人の切り返しのショットがあまりにも新鮮で、ワクワク!構図も新鮮!やって見たかったんだねえ! けど、後半、失速。どーしたん?寝かけたちゃ…

トム・アット・ザ・ファーム

グザヴィエ・ドラン監督主演作品❣️スリラーもの。 ネタバレ注意 面倒くさがりのわたしが監督について調べた! 彼は天才と言われている20代!の監督!すごい!(上の写真がその人、25才の時の作品) 紙ナプキンに書かれる青色の文字、車中の斜め後ろからの横…

ある天文学者の恋文

うぅ…クソな映画。 最初のシーンで「あ。ダメだ。」と思ったけど、もうちょっと見よう、と思ってしまった。 主演女優のオルガさん、どーしても好きになれない。 おまけにこの映画の場合、オルガさんばっか写す映画なわけで、ジェレミー・アイアンズは(存在…

ニューヨークの巴里男(パリジャン)

人情喜劇?(この言い方が合っているかどうか分からないけど、そんな感じの映画です)。 グザヴィエ(ロマン・デュリス)は、ウェンディ(ケリー・ライト)と同棲していて二人の子供もいます。 ある日ウェンディは、ニューヨークで出会った男性のもとに、子…

「電話で抱きしめて」Hanging Up!

この映画は、介護と父親の死を看取る3姉妹のお話。 老年、中年の姉妹が父親の介護や入院を巡ってあたふたする。 それを、軽やかにオシャレに撮った映画。 そもそもがめっちゃ地味なテーマのこの映画はかなり見る人を選ぶと思う。 そうした「ある文脈」が必要…

セルの結末について

パニックホラー映画。かな? ネタバレ全開! あらすじ 離れて暮らす妻と息子に空港から電話をしていた作家のクレイ(ジョン・キューザック)だったが、携帯の電池が切れてしまう。すると、周囲で携帯電話を使用していた人々が突如凶暴化し他人を襲い始め、空…

ブラムBLAME!

最高に面白かった!SFアニメ。 あらすじ ネット文明が極度に発達した世界。巨大な階層都市は増殖し続け、人類は防衛システム“セーフガード”に駆除・抹殺される存在になっていた。“電基漁師”の村人たちを救うべく、食糧を求めて旅に出た少女・づるだったが監…

聲の形

「重そうな映画だなあ」と敬遠してたけど見ちまった。 ネタバレ注意 お話は、 小学生のショウヤは耳の聞こえないショウコを虐めてしまう。 教師はショウヤを叱責するが、それをきっかけに逆にショウヤがいじめにあう。 高校生になったショウヤは罪悪感、自己…

小さいお家

とっても可愛らしくて愛おしい映画。 ネタバレ注意 あらすじ 健史(妻夫木聡)の親類であった、タキ(倍賞千恵子)が残した大学ノート。それは晩年の彼女がつづっていた自叙伝であった。昭和11年、田舎から出てきた若き日のタキ(黒木華)は、東京の外れに赤…

オーバーフェンス、僕等は共に灰色の服を着た

オダギリジョーが好きで見た映画。 「時効警察」とかむっちゃ好きだった。(コメディだけど) で、映画のお話は、 妻子と別れ田舎に戻った白岩(オダジョー)は心を閉ざしているが、訓練所の仲間や聡(蒼井優)と出会い、少しずつ又歩き出す…、というかんじ…

キャロル続き

私をあんなに悲しませたその事について書いてみる。 「キャロル」に出てくる男性たちは皆可愛い。 そこがこの物語の優れているところだと思う。 キャロルの夫も弁護士たちも、女性同士の愛を「女学校時代のお遊び」くらいにしか理解出来ない。その時代の常識…

キャロル

正統派の純愛映画。 結構前に見た映画。 女性同士の愛の物語だったんだけど、「あれれ」と思いながら、結構、長いことそれを確信できなかったわたし。ぼけ。 お話は、 写真が趣味のテレーズ(ルーニー・マーラ)と夫と別居中で離婚調停中のお金持ちの中年女…

フレンチキスとメグ・ライアンと

「恋人たちの予感」を見た。やっぱり記憶通りこの映画のメグ・ライアンが好きじゃない。映画は、隙なくつられていてとても良い映画なんだけど。 ⬅️「フレンチキス」 「恋人たちの予感」のメグ・ライアンはダサいし、この時の彼女は女性観客のことが頭になか…

「メイズ・ランナー」 らん・ぼーいず・らん

とっても面白い! 「メイズランナー」は3部作。 1と2を見た。 お話は、 巨大迷路の真ん中に閉じ込められた少年たちがそこからの脱出を図る、というもの。 そして謎が少しづつ、明らかになっていく。 けれど、その謎はかなり「トンデモ系」で、ちょっと、気に…