スターウォーズと続三部作

ルーカスは6本の作品をつくりました。

 

f:id:knori:20180416173501j:plain

ルーカス版

スターウォーズ4新たなる希望

スターウォーズ5帝国の逆襲

スターウォーズ6ジェダイの帰還

スターウォーズ1ファントム.メナス

スターウォーズ2クローンの攻撃

スターウォーズ3シスの復讐

 

ディニーズ版   続三部作 

スターウォーズ7フォースの覚醒

スターウォーズ8最後のジェダイ

ディズニー版スピンオフ

ローグワン スターウォーズストーリー

 

全て観ています。が、、待ちに待った「続三部作」、楽しみましたが、ルーカスが作り上げたスペースオペラといわれる(わたしの頭が占領されてしまう様な)あの世界観がありませんでした。

ルーカス版を眺め直してみたところ、現代版(ディズニー版)映画の方が、実は優れている、テクニック的に進化している、スピーディーである、などなど、感じました。

「フォースの覚醒」を見終わった後のなにかが違う、足りないという反発は、「ラカンのa」、つまり、死んだ恋人には勝てぬ、って事だったのかもしれません。

 

この続三部作はレイという女子が主人公なのですが、戦闘のなかで女は成長物語を紡げるものでしょうか?

思い当たる中ではハンガーゲームの主人公(ジェニファー.ローレンス)がこれに成功しています。弓の腕と頭脳と優しさで英雄になります。

彼女をキャスティングしていれば、ハマったんじゃないかなあ。