ブルー ジャスミン、愛してほしいと囁いた

ブルージャスミン」、哀しい映画。主演はケイト・ブランシェット

 

 ネタバレ注意

f:id:knori:20180607184046j:plain

 

 ジャスミンケイト・ブランシェット)は、たぶん、18、9才の時にハル(夫)と知り合って結婚している。

飛行機に乗り合わせた老婦人に「夫からすべて教えられた」というようなことをベラベラと喋っている。

彼女は、つまり、一人前の女として自立するまえに結婚してしまった。

女は、夫を神のように崇め、そして、背伸び(−虚栄心−)をする。

 

ある日、夫は、「別の女に本気になった。」と、ジャスミンに言った。

錯乱する彼女を残し夫が家を出る。

ジャスミンは。

FBIに電話をする。

ジャスミンは夫を愛していた。

 

夫は逮捕され、無一文になった彼女は靴屋で働き始める。

しかし、夫は獄中で自殺した。

 

たぶん、葬式か後始末か何かで、妹のジンジャーが

ジャスミンの所に来る。

ジャスミンは夫の自殺に耐えられない。彼女の精神は壊れ始めていた。

 

ジンジャーは姉を自分の所に呼ぶ。「独り言を言ったりして、姉は助けが必要なの」と。

 

ジャスミンの虚栄心の発露は、夫との楽しかった思い出話である。

しかし、ジンジャーやジンジャーのカレシにとってははた迷惑な話だ。

 

また、一度も働いたことがない中年女が、自立しようとすることは、特にジャスミンの場合、ほぼ、 不可能に近い。

 

義理の息子にも拒絶され、彼女はゆっくり坂を転げ落ちていく。

そしてラスト、たぶん、彼女の心はもう戻ってこられない。

 

⬆️上の繰り言は、この映画を見ながら、「バカな女」とか思って、でもファッションはさすがだわ、とか思って、そして終わり近くで、FBIに何故、彼女が電話したかという挿話があって、がーーーーーん。

 わたし、ばかばか。彼女、かわいそうだったんだ。