地球は女で回っている・ウッディとデミ

 「Deconstructing Harry」が原題。ウッディアレンが養女だったアジア人女性と結婚して、飛んでくる石をよけるのに忙しかった頃の作品。

 

f:id:knori:20180816053903j:plain

 

 この映画はウッディの女遍歴をなぞっているというか、もっとすごかったのかも、とか、まあ、半自伝的?な作品で、私、かなり好きな映画なのよ。

 

これにデミムーアが出ているので、もう一度、見てみた…。(だって、ウッディは女優を魅力的に撮ることで有名やん)。

 

正直にいえば、わたしは、デミムーアが嫌いなんだ。

 

ただね、「ゴースト…」で世界のアイドルになった人が、「ディスクロージャー」で、ものすごく恐ろしい女を演じて、わたしは、このデミムーアが死ぬほど嫌いなんだけど、尊敬したわけなの。

アイドルが…例えば、有村架純がヤクザの悪役をやって誰からも嫌われるような悪役やって、それも実はヤクザの社会問題に焦点を当てている作品であった、ような場合、簡単に、有村くんを嫌いだの恐ろしいだのなんなのアレは、と言える?

 

だからさ、わたしは内心、もう大嫌いなんだけど、デミムーアは頭の良い立派な女性なんだ、とほんとにそう思ってた。

でもって「G.I.ジェーン」ですよ!(例によって尊敬はしました、立派な人なんだな、って)、でも、これが決定打で、わたしの記憶からデミムーアは消えましたん。

 

わたしはどう頑張っても「テルマ&ルイーズ」が好きになれない。強い女は好きなんだけど。

ね?推して知るべし、で、「G.I.ジェーン」なんてついてけない。(駄作だったし)。

 

そもそも、「ゴースト」ん時でさえ、わたしは、幽霊の夫を必死に応援してた。演じてるデミムーアに共感したり、感情移入したり、できない。

 

G.I.ジェーン」が殊更、駄作に見えるのは、演じてるデミから気持ちがどんどん離れて、遠い目で映画を見ちゃうと、そらあ粗が目立つよね?(違うかも)

 

なんつうか、デミって女優は、キャラの持つ背景なんてどーでもいい、わたしだけがいればいい(言い過ぎ?)みたいな?だから、ね、嫌な役を彼女がやると彼女自身を嫌いになるのよ(内緒だけど)。

 

 ともい良い人の役で、周りの役者がしっかりしてて、そうすんと「ア・フュー・

グッドメン」みたいに、内容は覚えてないけど、デミムーア、むっちゃ制服姿が綺麗だったわあ、という印象だけが残る…。

 

f:id:knori:20180816054044j:plain


でもって、この映画でウディは彼女をどう使ったか?

 

なーんかね、友情出演かなんみたいで、あってもなくてもいいような役だった。*1(どうどうとしてた)

 

あ。うん、この映画ね、ウディは3回結婚した小説家の役で、プライベートを赤裸々に書いちゃった、と。前妻は怒鳴り込んでくるし、いやもっともなのよ。姉(ウディの元妻)と夫に内緒でウディとファミリーパーティーかなんの時に浮気してて、それが小説になったから、「隠してたのに姉にばれたじゃない!」「夫にバレたじゃないの!」ってなるわけ。もう可笑しいったらないの。

 

でもって、当時、もう大御所だったロビン・ウィリアムズが文字通り映像がピンボケなの!いや笑った。

 

あと、小説の登場人物がウディに説教したり、劇中劇やったり、それが、現実の流れと 錯綜して、愉快なの。

現実の流れは、愛人がウディを振って彼の親友と結婚すると。そいで、娼婦とプチ誘拐した息子と友人と一緒に、大学の表彰式に向かう、ってもの。

 

見終わった後、なんだか優しい気持ちが残る作品でした。

 

 

追加

デミの最高の仕事は、妊娠9ヶ月のヌードなのではないかなと思う。

 それまで「醜く膨らんだお腹だ」と考えられていたものが、デミのおかげで、雑誌なんかでも、「妊婦の身体は美しい!」なんて言われるようになったし…。 

*1:穿ちすぎなんだけど、ウディはデミをこっそりDeconstructingした可能性があると思う。あのデミが演じたちょい役のことだけど。

僕だけがいない街

この映画がNetflixにアップになったとき、 見ようと思っていたのに忘れてしまい、やっとみました。

 

f:id:knori:20180815003329j:plain

 

マンガもアニメも未見です。

 

このお話は、

藤沼悟(藤原竜也)がタイムスリップするのですが、誰かを守ったり、救ったりするまで、彼の時間はループします。

彼が子供だった時に、同級生の加代ちゃんが誘拐殺害されるのですが、彼は、この事件を解決しなければならないのです。

 

 

この映画は、一言で言えば、役者たちを見るということにつきます。

藤原竜也戸惑いや不安感は、わたしを物語の世界に引き込み、飽きさせません。

 

そして、有村架純が可愛いのです。「ナラタージュ」の彼女は(良かったんですけど)、私の好みじゃなくて。けれど、今回は、ほんとに可愛い。

 

 あと、子役!大人の役者さんたちに引けを取りません。

中川翼くん、車の中のあの半泣きの表情!可愛すぎて一生忘れられないかも。

  ⬇️左下の男の子です。

 

f:id:knori:20180815005030j:plain

 

 この映画は、物語を隙なくきっちり組み立てていれば、大傑作になったかもです。

 

 

超能力者・モンスターズ

「超能力者」は韓国映画。そのリメイク版「モンスターズ」は日本映画。

 SF、超能力者モノというよりは 、ホラーのジャンルかな。

 

f:id:knori:20180814002344j:plain

 藤原竜也山田孝之

 

お話は、

人を支配する超能力を持った男と、その能力がまったく効かない男が、命がけの対決をするというもの。

 

 

「モンスターズ」の後半始まり辺りが山場。

藤原竜也山田孝之、それぞれ別の場所にいる二人の映像が折り重なるようにたたみこまれ、電話越しに話す二人の対決はもう圧巻!

 

藤原が母親を前に独白するシーンは、 見る者に情動を呼び起こす。子供の時に怪物だからと母親に殺されそうになる、なんて経験は、一体、どんな絶望だろう?

彼の孤独がひしひしと伝わってくるんだ。

 

それを山田が力強く受け止める。

 

うーん、この二人って、やっぱ日本映画界を代表する存在じゃね?

 

舞台仕込みの藤原の表現は確かに、飽きる、可能性があるけど、それでも、彼が映像に出現したときの影響力って、おおっ、とか思うでしょ?思うよねえ?

 

 

f:id:knori:20180814002534j:plain

 カン・ドンウォンとコ・ス

 

 本家の「超能力者」は、超能力者を追いかけるコ・スがねえ、策もなしに猪突猛進で、なんか腹が立つのよ…。どっかキャラをミスってるような、気がする…。

 

実は、「モンスターズ」の方が、音楽のせいかもしれないけど、主役二人の背景の見せ方とか情感豊かで、韓国映画みたい、って思うのよ、わたしは。

 

それと、本家の韓国のほうは、巻き添えで死ぬ人々が、こう、死ぬってことがリアルで、まあ、だから余計、コさんの行動が腹立たしいのかもしれないけど。

 

で、日本の方は、韓国よりもっとたくさん死ぬんだけど、何も感じない、つうか、リアルじゃないの。

 

日本のほうは映画の作りは軽っぽいけど、主役二人はリアル感がある。韓国の方は映画の作りはリアル感があって激しいけど、主役の二人はどっかマンガチックなんだもの。

 面白いなあ。