帰ってきたヒトラー

デヴィッド・ヴェンド監督、ティムール・ヴェルメシュ原作、ドイツの風刺映画2015年作。

 

f:id:knori:20181114190403j:plain

 

ゲッベルスに似ている」と呟いたヒトラーは女性TV局長を評価した。

ちょこっと可笑しかった。ところどころ、笑ってしまうところはあるけど、総じて、どきどき、ときどき、怖い。という映画。

 

アドルフ・ヒトラーが現代ドイツにタイムスリップ。周りは彼を芸人と思い、祭り上げていくんだけど、本人は虎視眈々と政治家への道を狙っている…。

 

映画の前半はヒトラードイツ国内を巡りながら、人々にインタビューしたり、話し合ったりする、というドキュメンタリータッチになっていて、後半はTV局内で、どんどんお笑い芸人として売れていく様子が捉えられている。

 

ヒトラーが新聞を読みふけり、様々な地方の人々と接するにつけ、彼は「1930年代にそっくりだと」と言う。つまり、経済が停滞し、難民が多数流入して、人びとは不平不満を抱えている。それを彼は「チャンスだ」と言うんですね。 

 面白かったのは、ドイツの政党などとも話すんだけど、彼は「緑の党」が良い、と。

 それは、ナチス環境保護を訴えてたし、ハイデッガーもそこに何らかの理想を見て応援演説しちゃったんですよね…。

 けれど、ヒトラー環境保護云々は、西欧文明に対する憎しみがあったと思うなあ。全てぶっ壊して、美しい国土さえあればそれで満足だった、と思わせるとこがある…。

 

まあ、そいで、沢山の人々やNPOや政党と話して、彼は、すんごいすんごい優秀なポピュリストなわけ!みんな惹きつけられる。あ、ネオナチのことはヒトラーが馬鹿にするものだから、ケンカみたいになった。

 

それで、後半のTV局の話しですよ。ヒトラーは何一つ彼の主張を誤魔化していない。TVスタッフたちは彼の話に初めは鼻白むんだけど、オチが現状をこき下ろす、とか、皮肉とかになっているものだから、お笑い芸人と信じて疑わない。

というか、彼らの関心は視聴率を取れるかどうか、な訳で、この危険な世紀の破壊者をどんどん売り出してしまう。またね、半端なキャスター程度じゃ彼に論戦で敵わない。

 

で、視聴者はどう受け取ったか?

好感度抜群で、みんな彼の動画を面白おかしく加工して拡散。超人気者!そしていつの間にかコアな信望者が出てくる…。

 

この映画を作ったのがドイツっていうのが、偉いなあ、ドイツって思う。

何らかの危機意識があるんだろうと思う。

 

なにせ、ヒトラーは、外部的な敵を掲げ、国民を結束させ、寛容さはドブに捨て、多様性を切り捨て、同質的な国家を作り出したんだから。

 

  

なんてわたしって冷静なの!

 

f:id:knori:20180511152939j:plain

映画とドラマを見たのに、わたしの心は鏡のようにひんやりと熱がありませーん!

…駄作を見た、とも言う。

 

最近、お米を炊こうとして発見した。

ウチの電気釜って、電気釜の蓋に内蓋を取り付けるのがとても大変で、こう、手探りでボッチにハメるんだ。で、この前、キチンとハマっていなかったらしく、お米と水を入れた釜をセットしたらその内蓋が落っこちた、釜の上に。

と、同時にわたしは電気釜の蓋を閉めていました。慌てて、蓋を開けたら、内蓋が、キチンとピッタリとハマっていた…。(ごめんね、メーカーさん、ばかでしょ、って長いこと毒づいて。)

 

わたしはずうとSEBの圧力釜を使っている。

それで、結構、ガチャカチャ、ガチャカチャやんないと蓋が閉まらないのです。

ある日、蓋にとても小さな三角形が彫り込まれているのを発見!もしやと思って胴体を見たら、同じ三角形が…。それは位置の目印でした…。

 気づくのに10年以上かかった…

 

 

シング・ストリート未来への歌

ジョン・カーニー監督、脚本、製作。2016年、アイルランドの音楽映画。

  

f:id:knori:20181112000808j:plain

 

「彼女の瞳を見ていると泣きたくなるんだ」って言うんです…。くぅ…15才の青春です。

これにノレない人はダメな映画かもしれません。けれど、そうじゃない人なら最高に楽しめます!感激します!(保証してもいいよっ!)

 

 ダブリン、1985年のことです、コナー少年はバンドを作ることにします。憧れの女の子、メンターである兄、両親の不仲、高校生活、それらを織り交ぜながら、彼と仲間たちのバンド活動が始まります。

 

80年代の音楽シーン満載です。オマージュもいっぱい。イギリス映画の冷たさ、冷静さの様なものがありません、何か、体温があります。この監督のタッチがすきですけど、上手く言えません。

ともかく、少年たちのバンド、「シング・ストリート」の演奏に感動しまくりです、おまけに、気のせいか、だんだん上手くなっていってるような気がするんです。そして、コナーの作る歌詞がイイ!友人と2人で曲を作っていくシーンは垂涎モノ!(羨ましくて。だってわたしは曲なんて作れないしね)。

 

わたしは音楽って全く知らないんですよね、でも、もう音楽で胸を熱くしているわけです。それはこの映画が持つもう一つの側面も関係しているんじゃないかなあ、と思います。

高校生の頃って、始めて大人の世界へのドアが見えだす時じゃないですか?

憧憬と不安…。まあ、様々でしょうが。コナーたちはまさにそのただ中にいるわけです。コナーは「俺たちの音楽は未来派だ」というんですが、彼らの音楽は、こう、未来に対する憧れや元気の良さがあるんです。

だから、この時期に対するノスタルジーがなかったり、クールだったりして、劇中音楽を冷静に聞ける人の評価つうものを聞いてみたいな。たぶん、低い?かなあ…。

 

 

下のYouTube、彼らはMVを自前で撮っています。曲の途中で、手をパンパンって叩くんだけど、わたしは、これ、なつかしーぃ。 やったもの、こういうの。

 


映画『シング・ストリート 未来へのうた』特別映像「A Beautiful Sea」

 

 

 

 彼らの歌です。⬇︎

ドライヴ・イット・ライク・ユー・ストール・イット

ドライヴ・イット・ライク・ユー・ストール・イット

  • シング・ストリート
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 コナーは憧れの彼女から「悲しみの中の幸せ」だったかな、そんなことを言われて悩んでると、お兄さんが、それの答えはこれだ、つって聞かせたのが、キュアーの曲。でも探したけどなくて、でもとりあえず、キュア貼っときます。

 

 

 彼らが一番はじめに作った曲はデュラン・デュラン風だと言うので、貼っときます。

リオ

リオ

  • provided courtesy of iTunes

 

カーニー監督はミュージシャンから監督になった人で、「  ダブリンの街角で」「はじまりのうた」の監督です。

出演の少年たちも演技経験がなかったり、映画出演がはじめてだったり。それでも不自然さがないのは、監督がこう、少年たちの会話を撮っているから、だと思うんだけど…。わたしは好きな感じです。