一杯のコーヒー

カウンターバーに友人と行った。

帰りがけ、コーヒーを頼んだら、コーヒーカップに入った醤油スープが出てきた。

恐る恐る、、何せ私たちはまだ若かった、女性のバーテンダーに間違えているのではないか、と言った。

彼女は、ことの次第を理解すると、慌てるでもなく、恐縮するでもなく、

爆笑した…。

 

という事を、わたしはコーヒーを飲みながら思い出した。

 

#

草刈りで、疲れた。

リンゴのつぼみとユキヤナギ

 

 

 

 

 

みをつくし料理帖

花小厨」を見たとき、しばらくの間、中華料理ばっか作ってた。さすがに飽きて打ち止めは、トンポーロウ風、豚の角煮だった。豚肉の下ごしらえをきちんとすれば、簡単に美味しい角煮が出来る。圧力鍋で15分である。いつなら豚の角煮には、マントウを作る。でも時間がなかったから、カルディで、台湾のネギもち(冷凍食品)を買った。

和風のディナー皿に、角煮を盛り付けグリーンをあしらう。つまり、脇役になりがちな角煮に、メインディッシュの格をつける。あとは、中華風の野菜炒めや中華風海老スープ。そして、ネギもち。はるばる台湾からやってきた冷凍食品、ネギもちは、甘辛い角煮にも、野菜炒めにもスープにも、驚くほど、よく合った。次の日、カルディに行った時は、もう売り切れてた!

え。。あ、

そんなノリで見た「みをつくし料理帖」。わたしは原作もTVドラマも知らなかった。

2020年、角川春樹監督

松本穂香奈緒窪塚洋介中村獅童出演

 

「花小厨」のように料理の醍醐味を味わえるような作品ではなくて、ふたりの女の子の「情(人情)」にまつわる話だった。んでね、よかったよぉ!

ネタバレ注意!

ノエちゃんは大店のお嬢さん、ミヲちゃんは職人の娘。ふたりは幼馴染だった。大洪水の後、浮浪児となったノエちゃんは吉原に売られ、ミヲちゃんは料理屋の女将に拾われていた。ふたりは江戸で出逢うことになる。

 

美術セットが好きだわぁと、のんびり見ていたら、だんだんと、ふたりの女の子が健気で健気で、もうもう可愛くて、いじらしくてたまらなくなってきた。

 

圧巻だったのは、2階の座敷から始まる一連の流れだ。

ミヲは客の清右衛門に談判をしていた。

そのとき、「おまえがノエを身請けすればいい。料理人として成功すれば出来る。」と言われる。それを、、小松原さまが聞いていた。ミヲと小松原さまには、互いに淡い恋心がある。

去っていった小松原さまを追いかけたミヲ。もうもう、ミヲを見ながらアワアワと涙を流してたら、小松原さまにカメラが寄った。うわぁ、小松原さま、これは切ない!

しかし、これは、ほとんど一瞬の出来事で、カメラは実に淡々とその場を収めた。

その後、女将さんに抱きついたミヲが「もう小松原さまはここに来ない」と号泣した。

 

淡々とした描写なのは、ミヲの恋心よりも、ミヲの決意を表現したかったからだと思う。

ミヲは、ノエをあきらめることが出来ない。小松原さまとの結婚は夢だったのだ。

出来ないよなぁ。人情だもん、とわたしも涙ぐむ。

わたしに言わせれば、「人情≒心の赴くままに」だ。

「心の赴くままに」行けば良い、そこに道は開ける。

情が道を作る、この映画の表現は、そう言っている。

道を阻むのは情ではないのだ。

 

何ていうか、この映画見て「あぁ。日本だなぁ」と思った。監督も古い人だし、わたしも古い。

今の若い人は、情ってどう思っているのかなぁ?

…中国のように「情と仕事」の対立なんてことはないよな。。

 

 

 

アレゴリーが好きな中国

「男は政治を志してなんぼだ」

ってなことが、人生の既定路線だったらどうする?

そしてその既定に対抗する「なにもいらない。愛している」という女の情。

なにせ、「志と情」を対立軸とする物語が、多いんだわ、中国時代劇ドラマには。

 

まぁ。。この儒教的な「政治を志せ」みたいな固定観念と、「女の愛」をなんで対立させるの?ってわたしは不思議に思ってた。

でも、「情」をアレゴリーだと考えればモヤモヤも解ける。

「情」は、「自由に好きに生きたい」ってことを象徴しているんだなぁ、と。。

つまり、老荘思想儒教なんだ。思想哲学には理解が及ばないけど、単純に、「自由と規律」「破壊と常識」などと広げて考えても良いかな?と思う。

 

何故、執拗に物語に入れてくるのか、そこら辺は分からない。。

 

「大明皇妃」はこの対立軸から無関係かと思っていたら、なんと、ラストに入れてきた。

(「大明皇妃」は、朱瞻基が死んじゃって、見るのをやめてたんだけど、「後半も、面白かったよ」と言われて見たんだ。)

 

この皇妃は、朱瞻基に愛され、いつも政治権力の中枢にいる、志に生きた女性だった。

それが、最後の最後、徐浜さんから「自由に生きよう。旅に出るぞ」って言われて、、二人で船に乗ってしまう。

 

必要無いどころか、お墓で待ってる朱瞻基、かわいそう。。コオロギも鳴いてた。

何故入れる?

 

まぁ、厳密に言えば、宮廷でゴーンゴーンって鐘が鳴っていたので、連れ出される前に亡くなったんだと思う。

船上のふたりは、今際の際の夢だったんだろう。