スパナチュ 火曜日のデ・ジャヴ

シーズン3の11話目、キム・マナーズ監督、ジャレッド・パダレッキ、ジェンセン、アクレス。2008年。45分。

Hulu ネタバレ注意

f:id:knori:20190322170131j:plain

 サム☝️

 

サムの視線や表情をカメラが丹念に追っていく。

 

最後、安モーテルのドアを閉めようとするサムが乱れたベッドを見る。

彼はとても複雑な表情を一瞬、見せる。

言葉ではなく、サムの表情と動きで彼の心理状態を見せていくドラマ。

 

サム(弟)とディーンの兄弟は、事件のあるところに出向き、怪物退治をしている。

兄弟は他にも沢山いる怪物ハンターたちとは違う。彼らは選ばれたヒーローだ。

宿命的な責務を背負わされている。

 

 

通常、ディーンは、脳天気でガサツな乱暴者のマッチョ。彼のユーモラスな動作は安心感とちょっとした休息をもたらす。

  

 ご飯を食べるディーン。(ごめんね、あなたの良さに気がつくのに10シーズンもかかって。)

f:id:knori:20190322170247j:plain

 

この11話では、ディーンが何回も何回もコロコロ死ぬ。

彼が死ぬたび、時間がリセットされて、火曜日の朝に戻る!

二人で歯を磨いている時のサムの顔が究極に困っており、ディーンは底抜けにバカっぽい。こうした二人の対比がしばらく繰り返され、そして、

ある日、時間が進み出すのだ。

 

つまり、兄は戻らない。

 

 

 車にボガンと轢き殺されたディーン。

f:id:knori:20190322170216j:plain

 

半年後のサム。

台詞はほとんどなかったと思う。彼の顔と行動をカメラが追う。 

 痛いほどの孤独と絶望がひしひしと伝わってくる。

 

サムは兄と違い、頭の出来が良く、ストイック。

モーテルを出るときには、ベッドメイクがなされ、歯磨きチューブは綺麗に使われており、兄が愛したインパラの中は完璧に整理されている。

 

サムの復讐と執念はついにトリックスターを捕まえることに成功する。

 

 そして、ラストシーン。

半年前の水曜日が、兄がいる水曜日が始まる。

 

だらしがないベッド、ぐんにゃり曲がった歯磨きチューブ。

 

「今行くよー!」と答えたサムは、部屋を振り返った。

その一瞬見せる虚無感、喪失感はこのドラマにいきなり深みを与える。

ユーモラスなドラマで終わるはずだったものが深い陰影を持ったのだ。

 

半年の執念を燃やした捜索、その結果のバーンアウトよりも、

わたしは、恋人との暮らし、仕事上のパートナーとの関係、リズムを合わせ、譲り合い、共にあること、そうしたことへの笑顔の挨拶と、孤独な自由への惜別を感じたのだった。

 

 

 

このドラマはシーズン5くらいまで見て、その各シーズンを通して浮かび上がってくる叙事詩的なものを味わうべきです。

主役の二人はまだ若くて、二人のエネルギーがドラマに満ちています。

 

10シーズン以降のディーンはすごくいいです。

サムは、覇気が失われているし、ちょっとチックが出ていて、まだ、苦しんでいるのかもしれません。

 

 

スーパーナチュラルと西部劇

エリック、クリプキ原案、総指揮。出演、ジャレッド・パダレッキ、ジェンセン・アクレス。2005年から継続中。

 

f:id:knori:20190319182344p:plain


 

西部劇は滅んだ、と言われていますが、その物語の類型はいろんなドラマのなかで生きています。

 この「スパナチュ」シリーズもそうだと思います。クリプキ自身が「西部劇の構造を使っている」と言っているのをどこかで読みました。

 

アベンジャーズのヒーロー物とかスターウォーズ、スタトレも、西部劇の要素が入っていますよね。

 

この西部劇はアメリカで育って、世界的に人気を博しました。

 

 インディアンやならず者とガンマンたちの単純な悪と善(勧善懲悪)の戦いです。

(史実としては、100万人はいたと言われるインディアンとの領土争いは白人の勝利に終わり、インディアンは2万人強に落ち込みましたので、西部劇が作られ始めた頃は、だれも文句を言うものはいなかったのです。)

 

多様性を抱えるアメリカにとって、外縁に敵を追いやる構図は、「愛国的な高揚=開拓者精神」の流布だったのかもしれません。

 

そして、世界的に人気が出た理由の一つは、西部劇は誰でも理解できた物語だったということです。

戦いのシーンのスリルは快感となり、悲劇はカタルシスをもたらします。

 

 

大雑把に言って、ハリウッド映画は、この系譜の上にあると思います。

最近のアベンジャーズなどはCGのおかげで、痛みのようなリアルさがなく、即、快感とヒロイズムに酔いしれることができます。

 

 

まあ…わたしは、自分が何故、西部劇風の物語が好きなのか考えたわけです。

 

 このスパナチュは一話完結型で、別に、クリフハンガーで終わるわけでもないのに、すぐ、次が見たくなります。

たぶん、わたしは、恐怖とスリルが快感に変わる感じが好きで、物語の笑いやカタルシスも好きで、中毒になるんじゃないかなあ…と考えました。

つまり、これらの中毒性が西部劇的要素のドラマには多い、ってことじゃないでしょうか?

 

 (あ。恐怖が行き過ぎると、わたしはマジで体に痛みが走るタイプなので、無理なんです)。

 

 

あーらら、目安の800字超えちゃったわぁ…。

 

 

 あらすじ

 ディーンとサムのウィンチェスター兄弟がアメリカ合衆国各地を旅しつつ、悪霊、悪魔、怪物を狩るといった内容のホラーサスペンスである。wiki

 

このドラマも、今では、シーズン14に突入しています。 

 

 

 上の写真のディーンとサムも、こんなに年をとりました。

f:id:knori:20190316155105j:plain

 

あーらら、このドラマについていっぱい語りたかったのに。

 

なにせ、シーズン5までのショーランナー、クリプキさんが優秀で、このドラマ、シーズン4、5くらいまで見ると、一大叙事詩のような、豊かな物語性に圧倒されます! 

 

 

 

セレニティ平穏の海

スティーヴン・ナイト監督、脚本。出演マシュー・マコノヒーアン・ハサウェイ。2019年。 Netflix

ネタバレです。未見の人は、さようなら。( ; _ ; )/~また来てね。

f:id:knori:20190318034715j:plain

 

この映画は宣伝費をかけて公開予定だった大作でした。

が、上層部に大不評でNetflixに売り払われたという映画です。

 

ネット界隈でもあまりに低評価なので逆に興味を持って、見てみました!

 

わたし、面白かったです。

 

あらすじ 

 ベイカー・ディルは漁師として平穏な生活を送っていた。そんなある日、元妻のカレンがベイカーの下を訪ねてきた。カレンは「夫が私と息子のパトリックに暴力を振るってくる。夫を殺すのを手伝って欲しい」とベイカーに頼み込んできた。

 

 左からディル。

f:id:knori:20190318034804j:plain

 

釣り船の船長ディルが、いきなり、巨大マグロと格闘するシーンから始まります。

なにこれ!ヘミングウェイの「老人と海」の世界…です。

 なんというか、あざとさを持った明瞭な世界、というか、その訳は、比較的、早い段階でわかります。

 

パトリックはディルの息子です。

そして、パトリックだけが、現実なのです。後は、すべて、バーチャルリアリティとなります。

11、2歳の息子以外は、彼が作ったゲームの世界の虚像なんです。

父親と離れて暮らす子供は、ディルが主人公の世界を現実になぞらえて作ったわけです。

 

老人と海」を読んだであろう子供が、作った世界!という設定を、大人が作ったんですねえ。

 

母親のカレンとダイアン・レイン演じるマダムは、両者とも息子のことは思いやっています、が、、男に対して肉の誘惑しか考えていないような、現実感の伴わない女です。w

 

  

 ディルと元妻カレン。

f:id:knori:20190318034846j:plain

 

 ディルと現実の息子が通じ合うシーンがあり、これは、一昔前のハイパーリアルかぁ!つう、ボードリヤールをボヤッと思い浮かべたわたしです。

虚構と現実が混じるんです。

 

が、しかし、この映画は現実存在の息子の視線で出来てはいません。

なんと、虚像である父親ディルの視線で物語は進んでいくんです。

ここになんらかの意図を読み取ることは困難です。この映画が失敗作であるなら、ここら辺に原因があるのかもしれません。 

 

ディルが息子に電話をかけます。

「待っている」と。

 

現実の息子が引き出しを開けると、そこにイラクで戦死した父親の写真がありました。勲章もいっしょに。

ディルは死んでいました。

この物語が、父恋し、であったことにいきなり胸を打たれます。

 

ヨットハーバーを走る子供。子供はディルの腕の中に飛び込みました。

 

 

 ラスト、現実世界の息子のバストショットに彼のモノローグが被せられます。

「僕と父は、どこかで一緒にいるんだ」

 

この言葉は、彼がバーチャルの世界に引きこもってしまうのではなく、そこを出る可能性もある言葉だと、わたしは思いました。