「隠された時間」、百年の愛は男に何をもとめたのか?

オム・テファ監督脚本。2016年。 出演シン・ウンス、カン・ドンウォン

 Hulu韓国映画、ファンタジー

f:id:knori:20190215233546j:plain

 

なんていうか、ハスミンなどは、こういう映画監督が日本に現れるのを待っていたのじゃない? 

テファ監督は、素晴らしく映像のセンスが良いです!

垂涎もののショットがたくさんあります。彼は光の使い方が上手いのでしょうか?

 

bitcorleoneさん やfrikandelさん韓国映画がすごい!とおっしゃっていて、なるべく疲れない映画はぁ、って探して、これを見ました。

 

 シビれました…。

 

お話は一言で言えば、少年の100年の純愛、ですねぇ。

もちろん、100年を描いてはいません。

 

転校生の少女スリンは、義理の父の問いかけにも、同級生にも、冷たい視線しか返しません。けれど、ソンミン少年とは超常現象について話が合い、二人は親しくなります。

 

風が吹いて、スリンの後れ毛が初々しい頬をなで、ソンミンは慌てて目を伏せました。廃屋の階段で、二人は、ずっと好きでいてとか、離れないで、とかちょっと忘れちゃったんですけど、他愛もない約束をしました。

二人はまだ12歳くらいです。

 

 

 ソンミンがレリーフを彫っています。スリンの顔を。

f:id:knori:20190215233648j:plain

 

ある日、ソンミンやスリンは仲間たちと洞窟を探検することになりました。

それが、大変なことになっていきます。

スリンを残して少年たちは、違う時間帯に飛ばされちゃうのです。

スリンのいる現実世界で3日間であれば、彼らの時間は信じられない速さで動いていて、16年間が過ぎます。

 

だから、彼らの目に、スリンたちの世界は止まって見えます。鏡にも自分たちの姿は写りません。

この止まった世界の描写は楽しくて面白いです。

 

水に飛び込むシーンがあるのですが、ソンミンにまとわり付く水の泡や流れが信じられないくらい綺麗です…ほんとに綺麗でした。

 

 時間が正常に戻り、ソンミンは彼がいなくなってから3日しか経っていないスリンのところに現れるのですが、そっからが大変です…。

 

カン・ドンウォンという役者さんは、ちょっとした動作や目の動きで、ああ、彼の心はまだ少年のままなんだな、と思わせます。

 

テファ監督は、物語を紡いでゆくのではなく、彼はシチュエーションを撮る監督なんですね、シチュエーションごとの人物の心の揺れや動き、シチュエーションによる周りの乱れをどんどんショットに収めていきます。

 

そして、中学生になった制服の少女の笑顔と髪に白いものが混じる少年の怯えた心が出会います…。

 

 

韓国のポスターが素晴らしいので載っけます。重いかな?

f:id:knori:20190215233716j:plain

 

 

ハイ・フライング・バード目指せバスケの頂点

ティーヴン・ ソダーバーグ監督。タレル・アルビン・マクレイニー脚本(「ムーンライト」の原案者)。iPhone7による撮影

 

Netflix2019年(90分)

f:id:knori:20190215023432j:plain

 代理人のレイ役、アンドレホランド

 

 

 大好きなNBAのスポ根モノだと思って視聴。

ちゃったわぁ。

 

NBAロックアウト(オーナー側と選手会側の労使交渉が決裂。オーナー側は選手たちをすべての施設、場所から締め出すもの。1998年のが有名。2011年にも行われた。はず。)

 

こうしたNBAロックアウト現場が舞台。新人選手のエリックが代理人のレイにお金のことで泣きつく。

 レイはロックアウトを打ち破るある仕掛けを実行するが、それがつまびらかになるのは後半。

 

ソダーバーグ監督は淡々と登場人物を画に収めていくので、割と軽いノリでサクサクと見られる。レイ役のホランド切れ者のビジネスマンを柔らかな雰囲気で演じているので、殊更な緊迫感やスリルといったものはない。

 

単にビジネスものとして十分に楽しめる映画。

良い映画だと思う。

 

けれど、この映画は、とても啓蒙的な側面を持っている。

 

 

  新人選手エリック役のメルヴィン・グレッグ(後ろの男性)

f:id:knori:20190215023524j:plain

 

 

レイは新人選手のエリックに封筒を渡す。

「まだ見てはいけない。ことが終わってから見ろ」という。

最後の最後に封筒の中身が明らかになるが、それは『Revolt of Black Athlete』(黒人アスリートの反乱)というタイトルの本だ。

著者のハリー・エドワーズ博士は、(ネットをちょっことあたった感じでは)、黒人アスリートが経営に参加することを奨励していた人らしい。

黒人に誇りを持たせたかったのではないかと思う。

 

バスケの老コーチがイベントでこう挨拶する。

「俺たちは自分たちが得意なもの(バスケのこと)を白人に売っちまったんだ。

白人は、ゲームをカネまみれのゲームで支配している」

 

 

 強気なオーナーたちの代表役、カイル・マクラクラン

f:id:knori:20190114173036j:plain

 

 

レイの上司は、彼に「お前はバスケを愛しすぎている」と言っていた。

けれど、レイは、バスケではなく選手たちを愛していた、彼らをきちんと啓蒙してやろうという野心を持っていた。

レイの仕事の能力も見誤っていた上司の末路は推して知るべしなのだし、最後、商談相手がいる(らしい)部屋のドアをレイは颯爽と開けはなつ。

 

 

 

ソダーバーグ監督は、レイや助手の女性(黒人)の行動に黒人っぽい鬱屈や暗さを撮らない。つまり彼らは白人化された黒人のように見える。

 

こうした、(言葉は悪いが)、白人化する黒人の姿をエドワーズ博士は望んだのだろうか?けれど、わたしの偏見に過ぎないけど、長い間、黒人はこうした白人化を拒んできた印象がある。

 

スカッとさせてあざやかに終わる映画だったけれど、実のところ、波乱含みではないかと思った。 

 

 

 

リープ・イヤー うるう年のプロポーズ

アナンド・タッカー監督。 2010年。出演エイミー・アダムスマシュー・グード

f:id:knori:20190214164534j:plain

 

R(夫)と一緒に食べようと、わたしが好きな生チョコを作りました。(辻口さんのレシピ)。

この材料を買うために行った、とあるスーパーの駐車場での出来事です。 

 

駐車場の出口に丸い大きな看板が立っています。

↖️ こんな矢印、もっとクニッと曲がった矢印のすぐ下に、「↖️右折禁止」、の文字。それが丸い形の標識に描かれています。

 

f:id:knori:20190214164711j:plain

 

わたしは、左に曲がりたかったけど、しょうがないなあ、と思って遠回りをしました…。

 

「……?」

「左向きの矢印。と。右折禁止。だとぉ?!」

 

わたしだけなの?

間違えたのはわたしだけなの?!

 

せめて、矢印の標識の中に右折禁止と書くんじゃなくて、少し離して右折禁止と書くべきだと思うの!!٩( 'ω' )و

 

 

 

というわけで、映画のお話です。

 

 なかなかプロポーズしてくれない恋人をニューヨーク?からアイルランドまでエイミー・アダムスが追っかけます。

なぜか?

エイミーの父親によるとアイルランドではうるう年には女性の方からプロポーズできて、なおかつ、とても幸せになれる、という…ことだったと思いまっす。

 

エイミーは不動産関係のコーディネーター。彼は外科医。

アメリカの階級的なことはわからないけど、二人は成り上がろうとしているのかな?

高級マンションに入所するのに審査受けてたし。(バックグラウンドを持っていれば、審査なぞスイスイなはず✌️と思います。)

 

 アイルランドに渡った時点で「ある夜の出来事」というクラーク・ゲーブルの有名な映画を思いだすのだけど、つまり、ストーリーはもうお約束の展開です。

映画に親しんでいる人なら、結末まで予想できちゃうという。

でも、とても楽しい映画です!

 

一人で頑張るエミリー!後ろはマシュー。 

f:id:knori:20190214164616j:plain

 

 ダブリンまでマシューに送ってもらう事になるのですが、この数日間のうちに、二人は恋に落ちる、ってやつなわけです。ぶっちゃけ…。

 

ファンタジー映画や中世の騎士の物語を思い出してしまう、あの美しい魅入られてしまうアイルランドの風景…(おとぎ話のような景色の中で動き回る、現実感のあるアメリカ娘、この映画の屋台骨だと思います。)、 をバックにエイミーはあくまで可愛らしいし、マシューはあくまで感じが悪い…。

 

ぶったまげることに、マシューに惹かれません。

一体、こんな感じの悪い男にいつどこでどうやって恋するってんだ?!と思って見ていたけど、もうエイミーが力技で恋が成立したかのように見せてしまいます。

 

不思議です。こんなこともあるんですねえ。この男優はエイミーがまったくタイプじゃなかったのかしらん?

金髪のケイトに見せた顔をなぜ、エイミーに見せられない?

 

女性観客が彼に胸キュンしなくちゃ、この映画の成功は望めないだろうに。

くそったれなマシューでした。まあ、わたしにはね。

 

けれど、最後は、さすがに胸熱で、エイミーの告白シーンが。というかプロポーズが。(わたしも、むかーし、「私たち結婚するんだね!^_^」と思わず言ったもんです。だから、Rは先にプロポーズしたのは君だ、と言います。)

 

しかしぃ!

胸がドッキンドッキンしてるだろう、大きな目が潤んでいるエミリーを残して、マシューは薄ら笑いを浮かべ、立ち去るんだよぉ…。

信じらんないくらい感じが悪い。つうか、わたし、あの俳優、キライやねん。

 

 

蛇足ですが、

そのマシューが一度、顔、赤くなってね???赤くなって動揺してるよね?ってシーンがありました。エイミーに、口説いてる?って言われたときです。 

謎です。なかなか謎のある映画であったと言えましょう。