沈香の夢/前編、後編

かなり……このドラマに耽溺した。

中国では、耽美的と言ったら、BLのことを指すけど、

このドラマの前編は、大袈裟に言えば、

谷崎潤一郎的な耽美主義で色どられているんだ。

 

左から、顔淡応淵

 

応淵は、高位の神仙、何万年もの間、仕事一筋の冷淡で厳格な男だった。

その男が、囲碁の天才少女、顔淡に興味を持った。

彼は、顔淡の能力を育ててみたいと思うのだ。

男の顔淡に対する隠された溺愛は、こっから始まる。。

なにせ天界は、恋愛禁止きつい縛りがある。

 

彼の密かな愛情は、彼の無表情と、顔淡に対する厳しい態度で、誰にも顔淡にも気づかれない。

ある日、応淵は、罰として、規則の写書を顔淡に命じた。

厳し過ぎたかと、応淵は、顔淡の様子を見にきた。

彼女は、散らした紙片の上に、子供のようにひっくり返って寝入っている。

彼は、彼女を抱き上げ、寝台に運び、そして、愛おしそうに彼女の頬についた墨を指で拭ってやる。何遍も何遍も優しく拭った。

こうして、応淵の愛は、視聴者にだけ始めて明かされる。

このシーン、好きだよ。

 

もうひとつ、好きなのは、上の写真のシーン。

毒に冒されて死にかけている応淵に、顔淡は口から仙気を送っている。薬酒のせいで夢の中にいる彼は、乱暴に顔淡を引き寄せて口づけをした。

たかだかキスシーンなのに、曝け出された彼の本音からエロチシズムが香る。

この時、顔淡は、始めて自分の愛に気がついた。

 

この夢うつつの出来事を除けば、その後も応淵は、彼女にいっさい愛を打ちけない。

彼から、火刑を言い渡された彼女は大失恋だし、「綺麗さっぱり、あなたのことなんて忘れてやる!」と、彼女に吐き捨てられる。

だから、一見、彼はサドっぽいんだけど、実は、わたしに言わせれば、彼の愛はマゾヒステックなん。

 

顔淡ことヤンズーの純情は、男の応淵の色気を際立たせる。分かる人には分かる、……エロスを、わたしはすんごく楽しんだ。

 

前編は、2人の愛に酔いしれ、わたしはいそいそと、後編へ。

 

ところが、後編は、天界の陰謀を暴く、探偵物仕立て。。

各エピソードは面白いのだけど、わたしは、2人の濃厚だった愛の行く末にしか興味を持てなくなっていて、飛ばし飛ばし見ることになってしまった。

あまつさえ、自由闊達だった顔淡は、責任や義務に目覚めるという成長を見せ、応淵を諭したりする。

いやはや、これがほんとに脚本家のやりたかったことなの?

 

 

 

 

 

見詰めていたい

目の前を、Rは行ったり来たりしていた。

わたしの視線に気がついたのか、彼と目があった。

わたしは、彼を見つめたまま、目を逸らさなかった。

すると、

「どうして、僕を見詰めているの?」と、Rは目を輝かせているではないか。。

わたしは多分ぼんやりしていたのだと思う。仕方がないので、ある意味本当で、ある意味嘘を言った。

「他に見るものがなかったから。」

「犬じゃないんだから」と彼は破顔した後、目を輝かせたわたしを見て、困惑している。

これまで散々、わたしをおちょくったり嘲ったりしてきたRは、突如、犬畜生になった。

 

わたしは、心から、密かに笑った。

 

 

 

春が来たよ。

☝️林檎の花、芽吹き始めた木々。


この林檎の花は、すずなりになって咲くんだ。

 

明け方の光の中で桃色の花が揺れている。

優しい風に心を撫でられる。



 

 

後宮の烏

耳で聴くことって、衝撃だった。

 

いや、なにね、日本のアニメ「後宮の烏」を見たわけ。

わたしは、ずっと字幕ばっかでドラマを見ていて、つまり、会話は視覚で理解してた。

それが、日本アニメだから当然だけど、直接、耳で言葉を理解できるってのは、もっすごくインパンクトあったんだなぁ。

 

ナレーターが言うんだ、「こうして烏妃さまは、大事なものが少しずつ増えていったのです」と。

この言葉は、それまでのちょっとしたシーンを回収しながら、何十世代にも渡る孤独な妃たちの呪詛にも聞こえる広がりのある言葉なんだ。

わたしは胸が熱くなってしまった。

とても面白かったよ。

 

 

「百妖譜」中国アニメ

日本の人情噺を研究したのか、と思うほど、中国テイストは薄めで、なんつうか日本人に分かりやすい物語だった。

時々、泣いた。

 

 

「烈火澆愁」中国アニメ

上の陛下がね、すっごくセクシー!

 

BLで有名な作家、priest原作。

吹き替えで見た。声優さんは素晴らしかった。

2期目、待ってるよ。

 

ただ、字幕で見た方が分かりやすいかも。

「あかふち、せんれいほうじん、じんま」と連呼されても、ナンジャラホイなんだけど、

赤渕、千霊法陣、人魔」

って、字幕になると、一発で分かるもんね。