映画感想文のメタ孝

映画感想文をどの様に書けば良いのか、迷いに迷ってます。 

わたしは「謎」が大好きです。ほぼこの為に感想文を書き始めたといってもいいです。

 

f:id:knori:20180511152939j:plain

しかし蓮実氏の映画批評本などを読むと、つまるところ「映画を見て打ち震えた感動を書け。お前の間違いだらけのクソな解釈や自分勝手な説明ははた迷惑なんだぜ。」つうことになるのではないかと思われます。

 

ショックでしたし、最もだ、とも思いました。 

映画は映像と台詞、それを細切れにして繋いだもので成り立っています。(プラス音楽)。

そうして繋げられたものから、「お話」が見えてくるわけですが(とりあえず、「お話」と呼びます)、わたしは、これ(特に謎)をあーでもないこーでもないと頭のなかで転がすのが好きなわけです。つまり、自分が納得いく説明や意味をこしらえるのが大好きなんですねえ…。

 

町山氏は「データを徹底的に集めて、監督の意図(意味)を説明するんだ!」と仰っています。思うにバイアスをかけ試行錯誤し(そのうちバイアスが薄まる)、データを解釈する。これは難しいですが、今やそのさわり程度でもやらねばなりません。

 

最近、クロヤンさんに、映画を見る時、参考している、と紹介されました。

わたしは打ち震えました!

 感想文のほとんどはわたしの心に残ったわたしが面白かった作品について書いていますが、一つだけ、はっきりそうじゃないのがあります。

ローズの秘密の頁」という変な映画ですが、本来なら感想文を書かなかったです。

 

この映画はローズがキッカケはハラスメントで精神病院に入れられるのですが、長く閉じ込められたのは社会制度に問題がありました。多分、監督は制度的なものに目を向けていたと思いますが、彼のインタビューを読むと、「バネッサ・レッドグレープがいうことを聞いてくれなかった。彼女が監督さ」みたいな事を言っておりました。

 つまり、バネッサは、監督の望み通り、寂しげにぼんやり座っているだけの演技をするつもりは全くなかったわけです。そうすれば、映画はまとまったんでしょうが、彼女は力強さを加えました。感傷的な被害者としての女なんか表現したくはなかったのだと思います。

 

たぶん、そのお陰で、わたしは、まとまりのない映画ながら、ローズが、決して内省的にならないところに惹かれたんです。

この部分だけのために、わたしは感想文を書いてしまいました。この映画を見た人はつまんねー、と思ったろうな、思います。ごめんね。

 

あ。話が外れました…。

 

 

 …で、自分の頭の中を書きたいという欲求は、一体なんなんだろう、と思うわけです。

 自分の頭の中のモヤモヤした「気分」のようなもの、それに映画の中の何かが呼応して感想文を書きたくなる?それとも気分を吐き出したい?

…まあ、いづれにしてもこれを自意識と呼べば、自意識なぞどーでもいいわ!と思うけど、あるにはあるわけで。

 

そして、ハスミンを読んだ今、方向が見えなくなっているのでした。

…😀。

 

 

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

 ロン・ハワード監督、スピンオフ2018年作。

 

f:id:knori:20181022010530j:plain

 

ハンソロ役のオールデン・ エアエンライクは、参考のために、ハリソン・フォードのハンソロではなく、間違って「刑事ジョン・ブック」か「パトリオット・ゲーム」を見たのではないか?

 

 ハリソンフォードのハンソロは、人を食ったようなならず者で、でも、その頼りになること頼りになること、彼が出てくれば危機を脱せる!と決まっていた。

 

f:id:knori:20181022010957j:plain

 

 まあ、でもスペース・ウェスタンと謳われたこの映画はとっても楽しかったよ!

悪いものは悪いし、正しいことは一点の曇りもなく正しい。現実世界の物事は見る人の視点や価値観の違いによっては、善悪の判断さえ難しい時がある。そうした相対主義的な繊細さは一切排除され、映画は進む…。これは西部劇のお約束!

 

しかしである、むかーしのマカロニウエスタン(B級西部劇)でさえ、主人公はもっすごく孤独だったり、モッすごいはぐれ者だったり、わたしはよくジーンときて泣いたりしたよ。

 

ルーカスフィルムの発表では、「ハンソロがどのようにして悪党になったのかを描く」つってたけどマジかぁ、って思うよ。なんせ、オールデンのハンソロは感じの良いイケメンだからね。

 

映画のお話は何遍でも言うけど、楽しい!

雪原の列車強盗のシーンは一体どうやって撮ったのやら、すごかった!

 

 

ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル

タイカ・ワイティティ監督、2016年作。コメディタッチの映画です。

 

f:id:knori:20181021004308j:plain

 

 タイカ・ワイティティ監督は、「マイティ・ソーバトルロイヤル」でロキをむっちゃ魅力的に撮ってくれたし、「シェアハウス・ウイズ・ヴァンパイア」はあまりにも面白かったのでわたしをしばらくコメディ映画漬けにしました。

 

この少年と老人の逃亡劇である映画は、ニュージーランドのブッシュと呼ばれる深い森の中ではじまります。

身寄りのないリッキー少年(ジュリアン・デニソン)は、施設と里子宅を何遍も往復している都会育ちの問題児です。

彼を乗せた車はどんどん森の中に入っていき、開けた小さな農場に着きますが、ぼろっぼろの家があって、そこにはベラとヘクター(サム・ニール)の老夫婦が暮らしています。

 

農場の暮らしはまず、美味しい食事、(ふてくされているリッキーがお皿の上をフォークで綺麗にこそげ取って、フォークを舐めました)、リッキーの世話がきちんとなされる様子、それは思いがけず豊かな暮らしです。

 

ベラがリッキーにライフルの撃ち方を教えている時、野生の黒豚が現れました。ベラは豚に飛びかかってナイフで殺しますが、顔が血だらけです。

「美味しい晩御飯が手に入ったわよ!」彼女の輝く笑顔!

仰天しているリッキーがベラに尊敬の眼差しを向けたと思ったとき、カメラが切り替わって土手の上のリッキーの全身を写します。そして彼はユーモラスに気絶します。

 

 わたしはこの一連のシーンが好きです。リッキーの心をベラが解きほぐした瞬間が見られるからです。

 

3人の農場の暮らしがとても好きなんですけど、残念なことにベラの突然の死であっという間に終わってしまいます。

 

 心を寄せてくれる人を失ってしまった二人がひょんなことから広大なブッシュを逃亡することになり、いつしか互いを見つけていきます。ベラ亡き後、二人の共通点はその寄る辺なさだったのですが、ワイティティ監督はどうしたって予定調和的に愛を二人の身に降り注がずにはおれません。