この恋は初めてだから

わたしは突然、ジホのモノローグに惹きつけられた。

ハスキーで柔らかい声が「ここは胸キュンポインじゃないけど…」とささやいていた。

綿矢りさを思い出したよ。 

f:id:knori:20200721183709p:plain

左からセヒ役( イ・ミンギ)とジホ。二人はシェアハウスの同居人。

 

ある日のこと、ジホは恋の予感に体がふわふわ浮いていました。

彼の柔らかい心に手を伸ばそうとしたジホは、突然、彼の冷酷な言葉に凍りつきます。

(台詞を書きたくても、わたしは衝撃と涙で忘れてしまいました。)

 

ところが、次の日の朝、テーブルに朝食が並んでおり…いそいそとジホが食事の支度をしています。

お箸とスプーンは、彼の席の方を向いています。

だから、彼は席について、お箸とスプーンをきちんと揃えて、待っていました。

無視です、ジホは彼にご飯をあげません。無視しました…。つまり徹底的な仕返しです。

わたしは嫌悪感でひっくり返りました。自分が傷ついていても、彼の様子が可哀想でご飯あげちゃうでしょ?ふつうぅ…。

 

ところが、びっくりしたことに!!!その後、彼は、彼女が怒っていることに気がつくんです!なんと、あやまるんですよねぇ。

自分が一線を引こうとした理由や、傷つけてしまった、って事をきちんと説明して、謝りました。

 

なるほど…。

おいらのように、適当に許してしまうと、男は、女が傷ついたことを無視して女を舐めるか、気がつかないか…だよなぁ、と。

 

ジホは最後にも彼の心を開くために徹底した事をやらかします。

「ジホはサイコだから。特別な感性だから」というようなエクスキューズもありましたが、いやはや。みんなはどう思うかなぁ?

 

 

 このドラマでは、30歳になる3人の女性が、恋愛、結婚、仕事といったそれぞれの道を進んでいく…。

 

30歳前後の女性たちの仕事や結婚に関わるトラブルを面白おかしく描いていた。

客観的な歴史書のように、優劣をつける事なく恋愛に邁進する女、仕事に生きる女、結婚を焦る女といったエピソーが並列している。

 

この脚本家はシリアスなものやりたいだろうな、と思って調べたら、米びつに閉じ込められる恐ろしいドラマの脚本家だった。

 

 

ドラマが香る

「 いやはや」と思う、じゃぶじゃぶと洗い物をしながら。

TVドラマとは?映画とは?って思いが廻る。どうしたって整理整頓をしたくなってくるってもんよ。

f:id:knori:20200731135535j:plain 

 

TVドラマが楽しい。何故なのか?

 

特に中国や韓国ものは、小説や漫画を読む感覚で楽しんでいると思う。

 

TVドラマの根っこにあるのは、舞台劇と言っていいのじゃない?ドラマは、最初、生放送だった。

遠い昔、シェークスピアが書き上げた舞台劇を貴族も庶民も楽しんだ

 

であるなら、逆説的に、TVドラマは古くからあるものの変調、と言える。

 

 

 

しかし、映画は新しい。映画は映画なんだなぁ、と最近、思う。

 

モンタージュとカメラワークを駆使する、魔法の多様な映像群。時に芸術的だったり、スピード感のあるエンタメだったり、とても新しい分野だと思うし、可能性に富んでいる。

 

 

 

シークレット・ガーデン

「シークレットガーデン」、最高に面白かったね、せいこちゃん!ファンタスティックなラブコメディの傑作と言っても過言ではない!のじゃない?

(1600文字)

f:id:knori:20181104072702j:plain

2010年、スタントウーマン役のハ・ジウォン☝️

 

 ネットの感想集を見たら、「わからない」が多い!

何故、「わからない」という感想が多くなるのか、その説明とオイラの感想文です。

 

 彼の横に立つハジウォンは、彼の妄想です👇

f:id:knori:20200727021818j:plain

 

このドラマは、詰まるところ、罪を背負ってしまった男の恋の物語です。

最後の最後に、男の過去のある出来事が映し出されます。映像だけの短い、この一連のシーンは、脚本家が天晴れというしかありません。

この構成が、このドラマを能天気なコメディに仕立てることを可能にしました。

 

事故の後、男は記憶を失い、鬱病になった、という短い会話。

何回か出てくる、ハジウォンが眠っているシーン。男は眠っているハジウォンが眉をひそめると、悲しそうな顔で彼女の額に指を当てようとします。とても印象的です。

もひとつ、

男につきまとう幻のハジウォン。これがとても病的なものだ、ということ。

 

20時間以上に及ぶコメディドラマの中に、これらのことがさりげなく、あるときはミステリアスに散りばめられています。

 

 

男の身分は、財閥の御曹司です。ハジウォンは、スタントマン(ウーマン)です。

全く別の文化圏に属する二人が出会ってから、彼の頭から、彼女が離れなくなります。

 

日本は財閥が解体されたから、ピンとこないかもですが、韓国の財閥ってのは支配層ですよね。日本で言えば、昔の大名みたいな感じかなぁ?そこの若様ってとこ。雲の上の人ですよ。

彼は、モデルのような、キムテヒのような美しいガールフレンド達に囲まれていました。ドラマの中でも、いかにハジウォンがそれらの女性たちと違うか、何回も御曹司から言及され、とても滑稽です。

 

「おー!そうくるの!」とびっくりさせられた五話目、二人の魂の入れ替り!想像以上に楽しかった!ヒントになる言葉があって、何故なのか、その顛末は想像がつくようになってます。

 

魂が入れ替わった二人は、相手の肉体に対して結構リアルな反応を見せます。

例えば、魂が元に戻った彼が彼女に抗議します。

「俺は、毎日、お前の体を綺麗に洗ってやったし、歯も1日に三回磨いたっ!」まぁ、この後、「それなのにお前は、」って続くんですが、つまり、彼は彼女の身体を大切に扱ったわけです。

で、ハジウォン(心は御曹司の彼)がとびっきりのいい女にサウナに誘われたときです。

女は、ハジウォンが恋敵だと思っています。でその女が長い白い脚を伸ばして、「綺麗でしょ?わたしはよく人形見たいって言われるのよ」と自慢します。

ハジウォン(御曹司)はジロジロ彼女を眺めて、おもむろに「それって全部、脂肪だろ」って言うわけです。

「この体は、」と、ハジウォンの腕を見せ、優しくなぞりながら

「全部、筋肉なんだぜ」と返しました。

いや、この男ならではの自慢のシーン、可笑しくて大好きです。

御曹司(魂はハジウォン)も女ならではの反応をします。

姿見で、きっちりチェックをしたのでしょう「腹筋なんて無いじゃないの!」「片方の尻が垂れてる!」

 

そそ、言い忘れ。

韓国の時代劇を見ると、身分制度がものすごく厳しくてびっくりします。

日本の時代劇では、「家」さえ残れば良いわけで、養子に抵抗がありません。養子の養子なんてたらい回しをして、格をあげたり、合理的というか、いい加減というか、もちろん、身分制度はあるし、冷酷でもあったと思いますが、韓国のそれに比べると、メッチャゆるいです。

なんていうか、「血」が大事なんでしょう、韓国は、と思います。

 

だから、御曹司の母親の異常なこだわり、というものも、そこらへんからきているところもあるのかもしれません。

 

 

「俺は彼女の男になる」という唐突に感じる言葉は、当時のフェミ的分脈の目新しさが消えたぶん、いろんな含みの方が際立ってきます。

わたしは、彼はそうするしかなかったなぁ、と思ったよ。