マネー・ピット、コメディアンとしてのトムハンクス

リチャード・ ベンジャミン監督、スティーブン・スピルバーグ製作指揮。

 Netflixトム・ハンクスシェリー・ロング。1986年。

f:id:knori:20140124184855j:plain

 

あらすじ 

 欠陥だらけの激安物件を購入した若夫婦が様々な悪夢に直面する様をユーモラスかつコミカルに描いている。wiki

 

恋のじゃま者」というコメディを見て、わたしは、トムハンクスに惚れた。

彼の生涯の特徴になる?「良い人」である、という滲みでる雰囲気が遺憾なく生かされた作品。

(彼のような成功した役者で極悪人役が出来ない、という人をわたしは初めて見た。ほら、「クラウドアトラス」を思い出していただければ、ね?ステレオタイプの悪役を辛うじて頑張ってるけど、絶句したもんね、わたし。) 

(蛇足ですが、トムはリンカーン大統領の遠縁にあたり、リンカーンの母親の兄弟が彼の祖先です。)

 

この「マネー・ピット」という映画の時、トムはバリバリの若手コメディアンでサタデーナイトライブ」にも出ていたり、コメディ映画に数本出た、駆け出し、といっていいかな。

そして、プロデューサーがスピルバーグ。彼は、初期の頃からトムが気に入っていたんだなあ。

 

でもって、繰り返しますが、トム・ハンクスはコメディアン出身です

(だってさ、トムのコメディを初めて見た、とかのネットの感想をみちゃったもんだから。)

 

この前の「パラダイスアーミー」の時、ネット感想を見て思ったんだけど、アメリカのアカデミー賞でコメディが無視されてきたのは、もしかしたら、コメディ特有の社会風刺、揶揄、的なもののせいで、文脈依存(時代背景を知らないとわからないとこが出てくる)になるからかなあ、とか、ふと思ったわけで、いや、ちゃうちゃう、マネーピットなんかは、大丈夫なんじゃないか、とか思っていたら、なんと、Netflixが「マネーピット」をアップしていた!

 

で、早速見た、その結論。ドタバタ喜劇ってのは、時代を問わないなあ、ってのと、残念ながら、知っていれば、もっと楽しめる部分が、ちっと…だけあったわぁ。

 

 

キッチンで 散々な目に合うトム!

f:id:knori:20190525012650j:plain

 

 7、80年代というのは、性の革命がかしましかった頃で、いわゆる性の解放ってやつで、古い因習に囚われない性的関係がクローズアップされたりしたわけで。

 

この映画でも、同棲して間もない二人が家を買ったり、恋人が浮気しても、トムが許したり、と、ま、コメディだし、と納めたとこがあったんじゃござんせんか?

これは、性革命の流れを意識した、ちょいと粋な二人の関係なんですよ。

 

また、得体の知れない工務店の人々も、

安い工務店に多分、移民とか入ってきた頃なんじゃないかなあ?

日本では考えられない工務店の仕事のルーズさや労働者の雑多さ、ということが起こっていたんだろうと思う。

それをこの映画は、面白おかしく描いている。

 

 

あと、やっぱり、スピルバーグだなあ、と思ったのは、階段のシーン。

スペクタルやん!ほぼ。大変だったろうなあ、あの仕掛けを作るのにどれくらいかかったんだろう?

バスタブのシーン、キッチンのシーン、ヤグラのシーン。それと、わたしが笑いすぎて涙まで出て、画面がよく見えなくなった絨毯のシーン!!

これ、全部、トムが体張ってるんだけど、表情がね、可愛いのよ!動作が可愛いのよ!

トムハンクスはめっちゃ可愛いコメディアンだったの!

 

工務店の件は、実際に、原案者か誰かが経験したことだと推理するよ。

わたしのツボだった絨毯のシーンは、この映画を、リフォームの悪夢を、ある意味で象徴しているよ。

ドツボにはまって文字通り、身動きできない!

おまけにお金を勘定している時に…ぎゃはは。(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

 

シー・ユー・イエスタデイと家出

ステフォン・ブリストル監督。

 Netflix2019年、エデン・ダンカン=スミスとダンテ・クリックロウ。

f:id:knori:20190523224955j:plain

 この映画は、スパイク・リーブリストル監督の短編映画を気に入って、リメイクさせたもの。

スパイク・リーがプロデュース。

 

あらすじ 

 タイムマシーンで時間をさかのぼり、警官に射殺された兄の命を救おうと奮闘する2人の天才ティーンエイジャー。だが、過去に戻る度、別の悲劇に見舞われて...。Netflix

 

なんかなあ…。主役の女の子はむっちゃ可愛いよ、可愛いけど…。軽薄で無鉄砲!

…あほ。

つまり、「過去に戻るたびに別の悲劇に見舞われて…」ということの原因は彼女が軽薄で無鉄砲でアホだからなんだ。

 

これが、男の子が天才で、そのガールフレンドが手に負えないじゃじゃ馬ですったもんだの展開、とかのキャラなら面白がれたかもなあ。

 

 

いや、ごめんね、「レイン」ってTVドラマ(面白いよ!)でも、女の子が、ドアを開けちゃうんだよねえ。で、母親が死ぬんだけど。

 

こういうさあ、若い女の子の愚かしさを原因として、話を転がすのって、偶然に頼った話の展開と大差ないような気がするよ。すごく嫌だ。

 

これは、「レイン」のドアを開けちゃった女の子が念頭にあるんだけど、

昔、息子はまだろくに喋れなかったから、2歳くらいだったと思う、わたしと彼は家出したんだ。

Rにわたしはむちゃくちゃ怒っていて、徒歩で20分ほどの実家に家出…。

 で、そのとき、ただならぬわたしの気配が分かったのか、彼は、なんというか張り切ってリュックにおもちゃを詰め、背負って、わたしと一緒に3、40分、夜道を歩き通した。

実家に着いて、父と母が息子からリュックを外して驚いている。

重い!と言う。

持ってみてびっくり、ものすごく重いんだ!

 

 いや、何が言いたいかというと、2歳のガキでも、親が尋常でないときは協力しようとするんだよ、「レイン」の女の子のようにわあわあ喋ってばっかりじゃなくてさ。

まあ、あれは親も悪い、なぜ、彼女に説明しとかないんだい?

もちろん、お話を進められないからであります!

 

 

必死剣鳥刺し

平山秀幸監督、藤沢周平原作、 2010年。

 豊川悦司池脇千鶴、吉川晃司。

f:id:knori:20190520163027j:plain

 

憎たらしい岸部一徳から、藩の良心とも言える帯屋(吉川晃司)を切れ、と言われたトヨエツ。

彼は、薄暗闇で、抜き身をみつめる。

藩に使える(オイエ)に使える身、ゆえの不条理をトヨエツは腹にグッと押さえ込むのだ。
彼の顔は、全編、この不条理に耐える顔である。

 

絶賛されている戦いのシーンは早送りして見て(何せ恐ろしい)、軽く感想を書こうかな、とwikiを見たのだった…。

なんと、この映画は外国に持っていっていた!

まじかぁ。

 

オイエに対する忠義が絶対である、故の、武士の腹にたまる思い、なんてものが外国人に理解 できるようには作られていない!

これは、日本人だから分かるのであって、外国に持っていくのなら、脚本を書きなおすべき、と思う。

なぜ、岸部一徳の言いなりになって、善き人物の吉川晃司を切るのか、外国人は、理解できないと思う。

 

にしても「たそがれ清兵衛」は良く出来ていた。

村に暮らす貧乏な下級武士。けれど、畑を作り、家の手入れもしており、子供達は明るく、こうした大地と共にあるような生活の有り様って、世界中が理解できる事で、そして、実は、素朴に見える貧乏武士は、剣豪だった!ヒーローだった、なんて、つまり、世界がわかる映画だったしょ!?

 

 

#

 後、気になったのは、舞台美術っていうのか、セットが汚くて、それ故、むしろ生活臭が消えている事。

奥さんとのピクニックも敷物を赤毛氈にするとかして欲しい。