瑯琊榜のすすめ

むかしむかし、、

「あ。忍たまの時間だ!」と、思わず口走ったわたしに、友人達は半ば呆れ、「忍たまなんて見てんの?子供が見るやつでしょ!」「全くぅ、いい歳してバカじゃないの」と、こき下ろされ、たちまち「almostおとな」という域まで落とされた。

f:id:knori:20151018221226j:plain

 そのとき、近くに座っていた男性が振り向いて「忍たまは、良いよ。」と言った。

ものすごく嬉しかった。

 

友人たちにはそれぞれ好みがあり、タイミングもある。「今はコメディ以外はイヤ」みたいなタイミングである。

それぞれ違うからこそ、分かり合えたと思う瞬間の喜びは大きい。ドラマ感想を書き続けている理由のひとつかもしれない。

 

 「瑯琊榜 麒麟の才子」の感想は、これで2回目となる。

 

 中国TVドラマの中では、ダントツと言って良いほど、隅々まで手の届いた脚本が素晴らしいんだ。

シンプルな画面は美しく、現代的なテイストを持つ美術セットは、中国時代劇を一変させたのではないかとさえ思う。

 

 「瑯琊榜」の一年前に公開された「古剣奇譚」の映像に比べると、ミニマリズムだなぁと思う。 「古剣奇譚」の美術セットは豪華な調度品であふれている。画面には、それらが全部写り込んでいる。彩度、明度の調整もおかしく、古色蒼然とした感じがとても苦手だ。

 

上の写真は梅長蘇、まだ瑯琊閣にいる時、悪夢を見た梅長蘇が体を起こしたショット。

夢のシーンから切り替わり、強く物語性を喚起するショットで、感激した。

 

梅長蘇は奴婢の子供を救い出した。皆殺しにされた林家の唯一の血筋だった。梅長蘇は、子供を在野で自由に育てようとしたが、靖王が養子にしてしまう。

「最近わたしは考えすぎる…」と呟いた梅長蘇は、不安を振り払おうとした。

 

シーズン2が作られるとしたら、これが伏線だなと思っていた。

「瑯琊榜2」は追い詰められる感じが苦手で、最後の方だけ見た。

あざやかに、伏線は回収されていた。

梅長蘇ゆかりの、かの者は、自由を選び、多分、長林府という軍閥も解体するつもりなのではないかと思った。

梅長蘇の見た夢はこれをもって終結した。

 

 

 

スキャンダル 春香を愛した男

 みなもにかかる木には赤い花が咲いていた。

 老人がこちらに歩いて来る。ひたひたと画面が近寄ってきた。

f:id:knori:20210415060557j:plain

UーNEXT2011年、ポン・マンデ監督。全4話

イ・ソンホ、イ・ウヌ出演。

 

ヘタなTVドラマを観た後のせいか、韓国TVドラマは圧倒的な力量で迫ってくる。 

 

あっという間に場面は過去の出来事に切り替わった。

どこか下品な女の皮膚には玉のような汗が浮いている。

下から舐めるように女の下腹部、重く垂れ下がる乳房を映し出した。

えー、と思うような濡れ場、セックスシーンなのだ。

どうしようか、と思っていると、外で待つ下男の暢気な顔のショットが邪気を払うように何遍も入る。

 

どうやらわたしは、「春香伝」の二次創作ならぬ三次創作であるノーカット版を見ているらしい。

 

下男は、パンジャと呼ばれている奴婢でこのドラマの主役である。

春香は、貴族の父親と芸妓の母親もとに生まれた18歳の女の子。

 

短く言えば、このドラマは、この2人の情熱的な恋の物語だ。

2人のセックスシーンがとても良い。求め合う2人の息づかいやもどかしい欲望、あぁ、恋ってこうだよな、と思う。

対象的なのは春香の下女による濡れ場だ。

男の歓心を買おうとする下女は、裸体をあらわにして揺れる。下女からは見られている意識が立ち昇ってくる。

 

冒頭のような行きずりのセックスや、芸妓との遊びのセックス、様々な濡れ場シーンの違いは、主役たちのセックスシーンを美しく見せる。

 

濡れ場の事しか書いていないが、下敷きは「春香伝」なので、お話しも面白い。

ユーモラスなシーンも多く、軽妙なドラマだった。

 見終わった瞬間、喜びが湧き上がって、ちょいとばかしわたしは感動していた。 

 

 

寵妃の秘密 s1とs2

 シーズン1は底抜けに面白い。

シーズン2は、、底なし沼に放り込みたくなる人間がゾロゾロ出てくる。

f:id:knori:20210412174620j:plain 左から可愛い小檀と連城。ネタバレ注意

 

 s1>2017年、s2>2019年。

リャン・ジェン、シン・ジャオリン出演。

 

物語の舞台となるのは、現代と過去、そして神仙風な世界の3つ。

主役の連城と小壇は、人間ではなく神仙みたいな存在。本人たちも観客も最後になってそれが分かる。

はじまりは、

チャキチャキの現代娘であると、本人も思っている小檀が過去にタイムスリップする。それも、皇子に嫁ぐほど高貴なお嬢さまの身体に入っちゃう。

なんとお嬢さまは、皇子、連城と結婚する直前だった!

つまし、ラブコメディです。

 

 

実は、連城と小檀は、100年前の前世で恋人同士だったのだ。2人の愛は永遠である、が主軸なのだけど、副主軸がある。

 

100年前の族長と抱かれているのは死んだ連城。👇

f:id:knori:20210414154954j:plain

 

100年前、連城を愛していた位の高い神仙がいた。族長と呼ばれる彼は、殺された連城の意識を抱いて地上に降り、国を創る。そこに、連城ソックリな孫と、自分に瓜二つな孫が生まれる。小檀がタイムスリップしてくる過去世界である。

その自分に瓜二つな孫のしつこい愛が副主軸である。

 孫は、決して、絶対、到底、不可能な愛を手に入れようとする。彼はお嬢さまを愛していた。小檀が入り込んだ身体の持ち主をである。

族長自身の連城に対する愛も叶わない。しかし族長のやったことは壮大で、全ての始まりには族長の執拗な愛がある。

 

かの孫は、最後、オフィーリアのように狂ってしまう。男バージョンで、このような愛を見たのは初めてかもしれない。

虚空に向かって愛を伝える彼のショットは、胸が潰れそうになるほど、かわいそうだった…。

 

 

薄く透ける布に描かれた梅の絵と黒っぽい障子の桟のコントラストは美しく、小檀の衣装の色合わせも好きだった。

 

 #

s1とs2が同じスタッフだったとは、なかなか信じられなかった。