エージェント・オブ・シールドS4

内向的か外交的かでちょっと悩む。 

小さい時から一人でいるのが苦にならない。むしろ好き。 

f:id:knori:20190917034720j:plain

けれど、飲み会やパーティーに行けば、楽しめる。

楽しんじゃう。

…どうなんだろ?

 

パーティーを楽しめるというのは、まあ、ね、そう決めたから、なんだけどね。

つうのも、わたしは空気が読めない。おまけに人との距離の取り方がわからない。

それは友人がそう指摘したから、分かったんだけどね。
「knoriはそれでいいよ」と言う友人もいたけど、わたしはそれから、出来るだけ、周りを見ることにした。

何かに気を取られたり、興味があったりすると、それ以外の物事が見えなくなる…。

 

そして、パーティーのような集まりの時は、上手くやろうとしても出来ないから、楽しむことにしたわけ。

 

だから、始めって会った人は、わたしを外交的だと思うらしい。

おー!

もしらしたら、わたしは、ふつうくらい、なのか?

ま、いっか、どうでも。\( ˆoˆ )/

 

むむ…本題。 

エージェントオブシールドのシーズン4、おもしかったー!

(ホントの好みでいくとゴッタゴッタの破壊が多すぎてチョット疲れちゃうんだけどね。)

 

写真、ソファに座っているのが、フィッツシモンズ。左からフィッツとシモンズ。

 なんせ、この科学者コンビが好きで可愛くて、シールドを見続けているといっても過言ではない。

フィッツはあの印象的な「FADES/フェーズ」ドラマの主役で子役だった人。 

 

彼のシモンズに対する一途さにとても心が惹かれる。

前シーズンでは、シモンズが行方不明になって誰もが彼に諦めろと言う。けれど絶対諦めない。彼は、ついに彼女の居場所を突き止め、宇宙にまで行くんだ。 

この大きなエピソードに行く前に、シモンズが自分を犠牲にしてまでも彼女を救おうとする小さなエピソードがいくつかあって、この宇宙に救い出しに行くエピソードは流石に感激したし、嬉しかった。

 

今シーズンは、とくにフレームワーク(仮想世界)のお話がめっちゃ面白くて。

ラドクリフ博士の風貌といい、どっかいい加減な雰囲気が好きだった。

酒瓶とグラスがポトンと砂の上に落ちるショットはやはりありきたりであってもなんでも美しい。

 

こういう現実じゃない絵空事のSFが好きなのは、なんていうか、ドラマや映画はどんだけリアルであっても絵空事なわけで、ある意味、SFのお約束である絵空事は、メタドラマだ。

わたしはそれにどこか深いところで快感を感じている。

 

 

デュー・デート

ステキなダウニー・Jr がどんどこ酷い目にあう…。 

 Netflix

f:id:knori:20190913041412j:plain

 

もちろん、ダウニーにソレをもたらすのはザックと決まってる。

 

妻の出産予定日までに帰りたいダウニーは、嫌々、ザックと彼の愛犬と旅をすることになる。

 

トッド・フィリップス監督、2010年。(ハングオーバーの監督です。)

ロバート・ダウニー・J r、ザック・ガリフィアナキス

 

 

f:id:knori:20190913041457j:plain

 

わたしは、「大災難 P.T.A」みたいな映画なんだろうと思って見たから、ゲラゲラいっぱい、笑った。けど、人によっては「イライラした、笑えない」ってこともあると思う。

 

 大災難P.T.A(1987年)

f:id:knori:20190913041520j:plain

 

 なぜなら、

ダウニー演じる男は、確かに口が悪くて喧嘩っ早いんだが、ザックはいわゆる疫病神なのです。ザックに悪気はないんだけど、やることなすこと、ダウニーを貶めてゆく…。

アハハ。

 

面白いね、不運な事故や出来事を擬人化して疫病神にするのって。

うろ覚えだけど、「大災難」には、なんつうか、マーティンが太った男に責任転嫁するのを止めるので、メタファーとしての疫病神は消え去って、現実の男に向き合うみたいなとこがあった…ような気もする。んー、イイ加減です。

 

この映画はいわばその後です。

不運や災難(すべてダウニーの災難)をネタに二人の男の掛け合いを大いに笑っちゃおうぜ、つう。

 

ザックのキャラは「ハングオーバー」と同じだけど、ツッコミとボケみたいに、ダウニーがガンガン突っ込むから、ザックの可笑しさが際立っている。絶対絶対絶対、ダウニーのおかげだと思うな。

コメディって、どんだけ面白く演じても、それを受ける人が上手くやらないと、なんだかなー、で終わっちゃうと思うんだ。 

やっぱダウニーってコメディ、上手いのよ!

 

ザックが哀れにも躓くシーンがあって、それがあまりにも自然でびっくりした。

彼は躓く前に、とある事情で(ギャハハ)、すでに心はボロボロなんだけど、追い打ちをかけるように転んで、大事な父の遺灰をぶちまけちゃう。

 

も、ね、大笑い。可笑しくて可笑しくて、涙目。

 

ダウニーはザックにとても静かに声をかけるんだ。

「大丈夫、拾ってやるから」って。

 

 

前半のほうで、ザックに促されたダウニーが、父親のことを話すシーンがある。

ま、彼は父親に捨てられた過去があるわけです。でも、彼の顔からは、父を愛しているし、愛されたかったんだってことが伝わってくるんだ。

 

なーる!だからこそ、父を愛してる(とくっちゃべる)ザックにダウニーは同情し、(どんなにひどい目にあわされても)、心を動かされるわけかぁ、と、思ったそのときです。

 

ザックのけたたましい大笑いが響きました。

ダウニーの   辱めを受けたような顔をよそに、さらにザックは大笑いしました。

 

意味わかりません…。

 

パンしたカメラが、グランドキャニオンに遺灰を撒くザックをとらえます。

パァーッと広がって、遺灰が散ってゆきました。決して、ザックに降りかかることもなく、ボショボショと落ちることもなく、とっても見事な理想的な撒かれ方だったわぁ。CGかな?

 

映画の冒頭、

ベッドに横たわったダウニーはこちらを向いて語りかけます。

私は、これからステキな物語に誘われる気がしました。

まあ、字幕では、クマが赤ん坊を取り上げた、自分は行きたくてもいけない、という夢の話をしてたわけなんですが。

 

ラスト、赤ん坊を抱いている彼は、ザックは娘に近づけないぞ、と言いましたが、簡単にザックに踏み潰されそうではありました。

 

 

移動都市 モータル・エンジン

 都市が移動する映画なんだ。もう絶対見たくなる、わたしは。

 

f:id:knori:20190911224257j:plain

 

なんていうか、建物群とか居住地とかの画面にめちゃくちゃ惹かれるんだ。

なぜだかわからない。

 

 いろんな建物が群がり積み重ねって出来ているロンドン移動都市。

カメラが高い危険な場所から移動しながら、悪役のヒューゴが立っているところまで、パァーッと映しだす。

も、快感。この絵、つうかCGが素晴らしいシーンを作り出していて感動!

 

俯瞰で見る都市のCGのシーンも楽しいんだ。

 

クリスチャン・リヴァース監督、2018年。

ヒューゴ・ウィーヴィング、ヘラ・ヒルマー

 

も、ね、CG見てるだけで、この映画を見た甲斐があったつうもの。

 

 物語は、断片、断片でステキなシークエンスがあった。

 

写真の女の子へスターが8歳の時、死にかけている彼女を拾って、育てたのが、シュライク。

彼はもう人間の心を失った、と思われているサイボーグなんだ。

 でも、女の子はある日、写真を見つける。男性と幼い息子の写真。

 

それらのシーンが、シュライクが死ぬ時にフラッシュバックする。

そして…ホントに最後、彼は、小さな手を握るんだ。

彼は、本当に守りたかったかけがえないのない命を握りしめることが最後にもう一度できたんだ。

短いフラッシュバックのシーンだったけど、ありきたりといえばありきたりではあるけど、泣きそうになった。

 

悪役のヒューゴも印象的だった。

彼が若い時、へスターの母親とおだやかに笑っているショットがあって、

現在の憎らしいヒューゴとの繋がり方がなんか妙に心に残る。

 

ラストショットはあっけない。夕日か朝焼けのなか飛行船が飛んでいく…。そのうち気がつく、これは美しい絵だと。

 

…感動ってものは、ショットとショットのつながりに孕まれるんだなぁ、とつくづく思う。