イテテ…

昼下がり、庭で缶ビールをぐびぐびと飲んだ。 …誰か、いいな、って言った? (裏庭のタンポポ。やっと春が来た!) さっきまで私は、女性用の芝刈り機をぶら下げて、ぶいんぶいんと芝刈りをして、刈り取った草を竹箒で集め、ゴミ袋に入れておった。 黒マスク…

怪物はささやく

フアン・アントニオ・バヨナ監督。パトリック・ネス原作・脚本。2016年。 出演フェリシティ・ジョーンズ、シガニー・ウィーバー、ルイス・マクドゥーガル、リーアム・ニーソン。 「行かないで…」少年は瀕死の母親に抱きついて言った。 慈悲深いリーアムニー…

パラダイス・アーミー

40年ほど前の映画。原題は「ストライプス」、星条旗や軍服の階級章などに引っ掛けているのかな? Netflix アイヴァン・ライトマン監督、1981年。ライミスは脚本も担当。 軍に入隊したマーレイとライミス。 ライトマン監督は、この作品の後、ダン・エイクロイ…

The OAシーズン2

熱っぽい。ドラマが面白くて余計に熱が上がったのかもしれない。 Netflix ブリット・マーリング主演・脚本 ザル・バトマングリッジ監督 主演のマーリング(OA)に強烈に惹かれる。 そして物語はミステリアスで、靄がかかった様にぼやけて見える。 わたしが何…

枠に囚われているのは大人

「あら。どうしたの?」 思わず帰ってきたRに聞いた。 風邪でボーッとしているわたしは、Rが出張から帰る日を間違えていた…。 くそぉー…ちょうど、「OAシーズン2」を見ているところなのに! バタバタと買い物に行って、おもちゃのイヤリングを見つけた。小皿…

「和をもって尊しとなす」と「皆んな同じ」は違う

風邪を引きました。遊び疲れです。 Rは出張中だし、薬でボーッとしています。 この金属の壺は、下の息子のプレゼントです。 連休中、3人でお店を覗いている時のことです。レンガに合うなあ、と思って壺を眺めていました。もしかしたら、だいぶ長いこと壺を見…

防衛機制は手に負えない

不登校になるところだった。 …下の息子が小3の時のこと。 愛読しているブログが、軒並み、10才の不登校Youtuberについて書いている。 なるほどなあ、とうなずいた。 下の息子は、正真正銘の文系野郎で、なのに小3になったばかりの頃、「野球部に入る」と言い…

余裕のkindle

空港に早く着いてしまった。 「30分前で十分じゃない?」と弟が言うのに、兄がなぜか急かした! 兄弟は、発券機に向かい、わたしは何となく上を見ていて、「一時間半遅れ」って表示を発見! 時間はたっぷりあるが、戻るわけにもいかず空港で時間を潰すしかな…

湖畔にて

日が沈んで、 湖面が金色にてらてら輝いていました。 ベンチに座って長いこと湖を見ている人がいました。 桟橋。 帯広の風景って人の手が入っています。それは写真に綺麗に写りますが、 阿寒国立公園のような人の手が入っていない風景は、写真に撮るのが難し…

ヴィヨンド フランス!

寒かった。 子供達とわたしで小旅行。 わたしは寒くて寒くて、写真は、息子に「帰るぞぉ!」と喚いているところ。 余裕の子供達。 ここは帯広の千年の森。 各種のガーデンがあるのだけど、もちろん、花は皆無。 上の写真のアースガーデンだけが本来(夏場)…

ネイビーシールズvsエイリアン

ニンマリしてしまうコメディだった。「Alien Warfare」が原題。 Netflix、ジェレマイア・ジョーンズ監督。 精鋭特殊部隊⤴️4人と生き残りの科学者。 あらすじ 研究所で科学者達が姿を消す不可解な事件が発生し、特殊部隊は極秘に調査を開始。研究所で部隊を待…

クイックサンド

血だらけの少女が茫然としている。その顔に魅せられて、このドラマを見た。 スウェーデン発、Netflix(6話) 「THE BRIDGE/ブリッジ」のカミラ・アルグレンが、脚本を担当している。 原作は、スウェーディンのベストセラー小説で、マリン・ペルソン・ジオリ…

ドゥルーズのシネマ

ドゥルーズは『シネマ』という2巻のぶ厚い哲学書を書いている。 その本についての、あれこれやの与太話。というか、デタラメなことを書くしかない。デタラメの駄法螺のトンデモ話!(๑・̑◡・̑๑) 『シネマ』はむかーしに眺めたきりで、眺めたんだ、決して、読ん…

違うチーズケーキと違う少年

「このチーズケーキ、美味しいよ」と、カケラを食べさせられた。 スタバで待ち合わせた時のことだ。 クランブルチーズケーキだなあ、と思い、作ったが、ちょっと違うそうだ。 ブログを読み回っていて、思うことがあった。 だから、子供が就職する時、彼に話…

スタートレック ディスカバリー(S2)と女たち

マイケルがオトコマエすぎる…。 左からマイケル、ジョージャウ、クリストファー・パイク船長 マイケルは地球人でバルカン人に育てられた。 男前すぎて、わたしはこのヒロインがあまり好きではない。 お話は面白い。 なにせ、映画のスタトレの脚本などを書い…

タコスが大好きだった

木製品とクロムって、合うよね? すごく好きなんだ。だからトマトを入れているカゴにヘラをいれて写真を撮ってみた。 …それだけなんだけどね。 うん、木製品は古ぼけている方がむひょーって感嘆するんだ。 貰い物のタオルって、たくさんたまる。 だから、そ…

彼女とチョコマシュマロ

これはグミなのか? でも、好きだわ、スタバのチョコマシュマロ。 さっそく、作ってみた。 規定量の50%増しのゼラチンを投入。まだ、スタバに比べるとフワッとしてるけど、これはこれで美味しいな。 型に流してカットしたので、四角だけど。 わたしは、食べ…

スタートレックにみる子育て

スタトレ作品には、よく父と子の物語が出てきます。 「新スタートレック」 やっぱり、子育てというやつに、世界中の親は思い悩むんだなあ、とスタトレを見ながらしみじみ。 子供の出演は、子供の観客層がターゲットなのかもですが、大人を狙ってるなあ、と思…

キッシュでランチを、あなたと

休日の遅いランチ。 あり合わせの野菜でキッシュを作りました。 いま、塩味を効かせたロールケーキに凝っていて、これは餡子を入れたけど、生クリームだけでも美味しいです。 ソルティロールケーキ。 さて、キッシュも焼きあがります。 でもね。 「あ。ごめ…

ガジェットの海とネットの文章

SF的なガジェットの海を漂っていました…。 何回目かなあ、スタトレの「ディープスペースナイン」「ヴォイジャー」を見ていました。 元祖スタトレのカーク船長とスポックは現代の地球にタイムトラベルしたけど、わたしは好きじゃないのよ。 「ヴォイジャー」…

三つ子とワンオペ育児

豊田市で起きた、三つ子の次男死亡事件について。 この事件の裁判で刑の軽減を願う署名が2万人集まったそうです。 まだ、ワンオペ育児を強いられ、怒りや窮状を訴えたい人がいるんだぁ、とわたしは思いました。(これはわたしの妄想です)。 この妄想に沿っ…

叫びとささやき

イングマール・ベルイマン監督、脚本。1973年。出演カリ・シルヴァン、リヴ・ウルマン。イングリッド・チューリン、ハリエット・アンデルセン。 ツタヤ発掘良品。ネタバレ注意! 「美」には普遍性がない。…とカントがもうしておりやした。 とても個別的なも…

フェリーニのアマルコルド

フェデリコ・フェリーニ監督、脚本。1973年。 音楽ニーノ・ロータ ツタヤ発掘良品から。 フェリーニといえば、ネオリアリズモの映画作家ですが、この「アマルコルド」のような中期以降の作品は、チネチッタ・スタジオで、巨大な野外セットや屋内セットを作っ…

スパナチュ 火曜日のデ・ジャヴ

シーズン3の11話目、キム・マナーズ監督、ジャレッド・パダレッキ、ジェンセン、アクレス。2008年。45分。 Hulu ネタバレ注意 サム☝️ サムの視線や表情をカメラが丹念に追っていく。 最後、安モーテルのドアを閉めようとするサムが乱れたベッドを見る。 彼…

スーパーナチュラルと西部劇

エリック、クリプキ原案、総指揮。出演、ジャレッド・パダレッキ、ジェンセン・アクレス。2005年から継続中。 西部劇は滅んだ、と言われていますが、その物語の類型はいろんなドラマのなかで生きています。 この「スパナチュ」シリーズもそうだと思います。…

セレニティ平穏の海

スティーヴン・ナイト監督、脚本。出演マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ。2019年。 Netflix ネタバレです。未見の人は、さようなら。( ; _ ; )/~また来てね。 この映画は宣伝費をかけて公開予定だった大作でした。 が、上層部に大不評でNetflixに売り…

<harmony /> ハーモニー

なかむらたかし、マイケル・アリアス共同監督、山本幸治脚本、伊藤計劃原作、2015年 ネタバレ注意 f 主人公のトァン⬆️です。 素晴らしいアニメ映画です!質が良くて嬉し泣きしました。 (アリアス監督は、「鉄コン筋クリート」の監督だし、なかむら監督は「…

虐殺器官

原作は伊藤計劃、村瀬修功監督、脚本。2017年。 ネタバレ注意 『虐殺器官』は、34歳で病死された伊藤計劃氏の処女作、SF小説です。 未読なんですが、ブログを見て、『アデン・アラビア』の一節を思い出したりしていました。 ぼくは二十歳だった。それがひと…

バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

アレハンドロ・ゴンザレス・ イニャリトゥ監督、脚本。2014年。出演マイケル・キートン、エマ・ストーン ネタバレ注意! 映画、冒頭のレイモンド・カーヴァー の散文。 おしまいの断片 たとえそれでもきみはやっぱり思うのかな、 この人生における望みは果た…

がっでむ、自己肯定

わたしは自分が嫌いだった。嫌いだった、ときがあった。 自分の体験に基づいて書くのだけど、間違いだらけかもしれない。 これは、そういうお話。 誰それは、「自分を持っている」、よく聞くでしょ? この「自分がある」ってことは、アイデンティティのこと…